きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

フランクフルトvsバルセロナ~戦前の圧倒的不利を見事戦術・組織で覆す~【サッカー】

鎌田、長谷部選手の所属するフランクフルト、優勝候補大本命のバルセロナをホームに迎えた大一番です。

 

ということで先日行われたフランクフルトvsバルセロナの感想です。

f:id:kichitan:20220408124100j:plain

Getty Images

 

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20220408125422p:plain

 

前半

フランクフルトは守備5-2-3の3-4-3、バルセロナは守備4-4-2の4-3-3を採用していました。

試合はバルセロナが圧倒的にボールを持つ形になりますが、中央を固めてブロックを敷くフランクフルトの守備に次々と引っ掛かり、サイドバック裏を狙うカウンターで次々とチャンスを作られていきます。

しかしフランクフルトも鎌田&コスティッチ、リンドストロム&クナウフのカウンターのサイドアタックが猛威を振るうも決めきれず、スコアは動きません。

kichitan.hatenablog.com

 

全体的にはフランクフルトペースで前半を終えます。

 

後半

後半に入ると早々にスコアは動きます。コーナーキックのこぼれ球をクナウフが素晴らしいボレーシュートを決め、フランクフルトが先制します。

追いつきたいバルセロナですが、相手5バックを崩せず1対1での剥がし待ちな所が出てきて攻撃は停滞しますが、デ・ヨング、デンべレを同時投入し一気に流れが変わります。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

そのデンべレのボール運びからデ・ヨングにボールが渡ると、狭い所でフェラン・トーレスとのワンツーを行い最後はフェラン・トーレスが決め同点に。その後も攻勢を続けていき、トゥタがイエローカード2枚で退場するも、最後まで相手5バックを崩せずそのまま試合終了。1stレグはドローとなりました。

kichitan.hatenablog.com

 

総評

フランクフルトは見事にプラン通りに試合を遂行し、特に前半は決定機も次々と作り内容的にも圧倒したと思います。

しかしネックになったのは今シーズンを象徴する決定力不足で、前半で1点でも取っていればもっと楽に試合を進められた(勝利できた)と思われます。

特にヒンテレッガーはオーバメヤンを封殺。バルセロナの攻撃が上手くいかなかったのは彼の働きが非常に大きかったと思います。

一方バルセロナは何とかデ・ヨング、フェラン・トーレス、デンべレの個の力でこじ開けたものの最後まで有機的に5バックを崩すことは出来ませんでした。

特に気になるのは個々の動き出しで、ディフェンダーを引っ張る動きが少なく、個々が1対1で仕掛けるばかり。頼りのペドリもアラウホ、トラオレのバランスを取るので精一杯の状態でした。5バックを崩す原則を仕込まない限り、ホームで行う2ndレグも苦戦することが予想されます。

 

戦前の圧倒的不利を見事戦術・組織で覆したフランクフルト。2ndレグも楽しなチームです。

 

では

 

***限定入荷***(ナイキ) NIKE/20/21フランクフルト/ホーム/半袖/長谷部/フルマーキング仕様/CD4254-011

 

ナイキ サッカーウェア レプリカシャツ ジュニア FC バルセロナ 2021-22 スタジアム ホーム CV8222-428 NIKE