きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

日本vs中国~プラス材料も多く見られた勝利~【サッカー】

センターバックを怪我で欠いている日本代表。この中国戦で出場選手は勝利していい手ごたえを掴みたい所です。

 

ということで先日行われた日本vs中国の感想です。

f:id:kichitan:20220128120928j:plain

出典:スポニチ sponichi annex

日本の布陣&結果はコチラ

f:id:kichitan:20220128122933p:plain

 

前半

日本は同サイド圧縮の守備の4-3-3、対する中国は守備4-4-1-1の4-2-3-1を採用していました。

試合は中国が低い位置で構えていたことで日本が圧倒的にボールを保持する展開になりますが、サイドを振り分けるポジショニングが出来ていない為、攻撃は伊東の突破頼みになることに。

特に左サイドはパスコースが作れていないのでフォローに入った長友が低い位置に入り、南野が幅を取るかどうかの選択に迫られていたので機能不全に。

幸い中国の守備がかなり緩かったので、後方からの縦パスがどんどん入る展開になり押し込む展開にはなり、伊東の突破から中国のハンドを誘い大迫が見事に決め日本が先制します。その後もボールを保持するも追加点を挙げられずに前半を終えます。

 

後半

後半も同様日本の問題点は解消されませんでしたが、中山、前田が投入された直後に中山のクロスから伊東が叩き込み追加点を挙げます。

その後日本は久保を投入するとシステムを4-2-3-1に変更。やや中央の攻撃に厚みを付けると、原口、堂安を投入しそのまま試合を締め勝利。日本が最終予選2位をキープする形となりました。

 

総評

日本は内容的にも中国を圧倒し勝利を挙げました。しかし問題は山積みで、ビルドアップデザインが人任せである為噛み合わなかった時のバランスが怖いことで、今節では長友が積極的に高い位置に入れない状況が生まれていました。そして両インサイドハーフもそれは気付いていたとは思いますが中々サポートに下りて来なかったので、仮に何らかの指示があったとすれば怖い所です。

しかし右サイドのハーフスペース問題はインサイドハーフがライン間を取ることで解決しており、セットプレーもコーチが付いたことで豊富なパターンが試されていることはプラスで今後も継続して欲しい所です。そして緊急時のセンターバック2人は守備機会は少なかったものの効果的な縦パスを度々披露。良いアピールとなりました。

個ではやはり伊東の突破、そして中盤の強度は変わらず凄まじいものがあり今後も期待出来る所です。また大迫もコンディションが戻っているのか背負うプレーに安定感が出てきており、今後はいかに彼の周りに南野やインサイドハーフが絡めるかが焦点となってきそうです。

kichitan.hatenablog.com

 

そして左サイドバックでは中山がアシストを記録。レギュラーの長友が明らかに運動量が落ちてきており自身の良さを出し切れていないので、サイドバックのプレーが出来つつある中山を試してもいい時期が来ていると思います。長友はこれがコンディション良であるとすれば、ポジショニングで違いを作り出すスタイルを見出さないと今後厳しいと思います。

kichitan.hatenablog.com

 

監督の戦術が期待出来ない今は、選手達の判断力に懸かっています。次の相手はグループトップのサウジアラビア。強敵に当たった時の対応がどのように出来るか、負担はなかり大きいですが信じて見守っていきたいと思います。

kichitan.hatenablog.com

 

では

 

【公式】アディダス adidas 返品可 サッカー サッカー日本代表 2020 レプリカ ホーム ユニフォーム / Japan Home Jersey レディース メンズ ウェア・服 トップス ユニフォーム 青 ブルー ED7350 notp

 

【公式】アディダス adidas 返品可 サッカー サッカー日本代表 2020 キッズ ホーム レプリカ ユニフォーム / Japan Home Kids Jersey キッズ ウェア・服 トップス ユニフォーム 青 ブルー ED7345 notp