きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

オーストラリアvs日本~7大会連続のW杯出場~【サッカー】

この試合に勝てば本大会出場が決定する日本代表。お互い怪我人続出で状況が良くない中、どのような戦い方を見せられるか注目です。

 

ということで先日行われたオーストラリアvs日本の感想です。

f:id:kichitan:20220324223524j:plain

出典:スポニチ sponichi annex

日本の布陣&結果はコチラ

f:id:kichitan:20220325131030p:plain

 

前半

オーストラリアは守備4-4-1-1の4-2-3-1、一方日本は守備4-1-4-1の4-3-3を採用していました。試合はオーストラリアの前線のプレスが機能していない為、日本が容易にボールを保持する形になります。しかし日本もビルドアップが機能せず、左の幅は取れず右はハーフスペースが取れておらず攻撃は単発的に。守備も縦の連動性に欠ける場面も多く機能したとは言い難いですが、個では勝っており守備からのカウンターでチャンスを作りますが南野のシュートはいずれもクロスバーに阻まれ得点には至りません。

また攻撃に行き詰まり一か八かのロングボールに懸ける等(浅野に大迫役は求めていた節がありました。)上手くいかない部分が目立ち、スコアレスドローで前半を終えます。

 

後半

後半両チームとも特に変化はありませんでしたが全体的に運動量が落ち、ライン間が間延び状態になります。しかし中山、上田が投入され日本が攻勢に出ると、特に後者はポストプレーや空中戦での強さでボールを収め、攻撃機会が増えていきます。

そして原口、三笘を投入すると、後半からインナーラップが増えていた山根の折り返しを三笘が流し込み、先制点を挙げるとロスタイムに三笘の圧巻のドリブルからのゴールが決まり追加点。そのまま試合終了し、日本が7大会連続のW杯出場を決めました。

 

総評

この試合での勝利で1試合を残しW杯出場決定と、とりあえずの目標を達成し選手達は本当にホッとしたことでしょう。

ただ試合自体はやはり局面局面を個に依存しており、ライン間が間延びする等非常に危ないもので、結局はフロンターレのホットラインと三笘の個人技に頼ることになりました。恐らく森保監督政権下では今後も状況は変わらないと思われるのでいかに本大会まで個人戦術、そして個人技術を磨いていくかが勝負になりそうです。ただ監督にはせめて前線の守備だけでもデザインして欲しい所です。

この試合で輝いたのはやはり三笘。そのドリブル技術はレベルが違う感があり見事に2ゴールを挙げ代表においてのニュースター誕生と言えるでしょう。クラブレベルでは素晴らしい結果を残していたので、代表で結果を残したのは非常に本人にとっても大きかったでしょう。この試合シュートがクロスバーに引き寄せられた南野もキレのある動きを見せていたので左サイドの競争は激しくなりそうです。(共存も十分できますが今の所期待出来ないです。)

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

そして上田は鹿島での好調そのままに、競り合いに何度も勝利する等世界でも戦えるフィジカルを備えつつあり大きな成長を感じることが出来ました。

次のベトナム戦は久保、上田、三笘の五輪で見れなかった3トップを見てみたいものです。

kichitan.hatenablog.com

 

突っ込み所はありますが、今はとりあえず日本のW杯出場を祝いたいと思います。選手達の皆さん本当におめでとうございます。

 

では

 

【公式】アディダス adidas 返品可 サッカー サッカー日本代表 2020 レプリカ ホーム ユニフォーム / Japan Home Jersey レディース メンズ ウェア・服 トップス ユニフォーム 青 ブルー ED7350 mss22ss notp

 

【公式】アディダス adidas 返品可 サッカー サッカー日本代表 2020 キッズ ホーム レプリカ ユニフォーム / Japan Home Kids Jersey キッズ ウェア・服 トップス ユニフォーム 青 ブルー ED7345 mss22ss notp