きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

エバートンvsリヴァプール~圧倒的な攻撃力とチーム力で相手を制圧~【サッカー】

爆発的な得点力を誇るリヴァプール。その古巣に対してどのような戦いが出来るか、ベニテス監督の采配に注目です。

 

ということで先日行われた「マージーサイドダービーエバートンvsリヴァプールの感想です。

f:id:kichitan:20211202161710j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20211202163301p:plain

 

前半

エバートンは4-4-2の守備からのカウンター、リヴァプールは4-3-3の布陣を採用していました。

試合はエバートンがハイプレスで嵌めにかかり、リヴァプールを襲い掛かります。しかしリヴァプールファビーニョ、チアゴを中心にプレスを剥がしにかかりサイドチェンジで同サイド圧縮を行い弱体化させると、ロバートソンのマイナスのクロスにヘンダーソンが合わせリヴァプールが先制します。

kichitan.hatenablog.com

 

更にカウンターからサラーが1対1を制し追加点を挙げ早くも勝負を決めにかかります。

kichitan.hatenablog.com

 

しかしエバートンスローインからのリシャルリソンのパスをグレイが決め1点を返すと、強度の高いプレスで次々とカウンターを繰り出します。ただリヴァプール守備陣の壁は高く、スコアは動かず前半を終えます。

 

後半

後半エバートンはハイプレスを控え、ファビーニョを見ながらのブロック守備を行います。しかしプレスを精力的に行っていたロンドンが負傷交代しプランを崩されることとなります。

するとコーナーキックのクリアボールをコールマンがクリアミス。サラーが掻っ攫い追加点を挙げると、ジョタが素晴らしい動き出しとトラップでゴールを奪い2点差。エバートンはデルフ、ジェンク・トスンを投入し反撃に出ますがリヴァプールにゲームを支配されゲームセット。エバートンはホームで大敗することとなりました。

kichitan.hatenablog.com

 

総評

エバートンは高い位置でのプレスを試みましたが見事にリヴァプールにひっくり返された形となりました。特に中盤はドゥクレのプレスは躱され、アランに対して数的優位に立たれる等など中盤を制圧され、スローインからゴールは奪ったもののビルドアップは整備されておらず、ロングボールは容易に回収されるなどチーム力の差を見せつけられました。

決定機も少なくベニテス監督は最低限のビルドアップを仕込まないと今後も得点力不足は解消出来ないと思われます。

一方リヴァプールは速い時間帯で先制点を奪ったことにより、得意とするトランジションの速い展開に持ち込んだのが大きかったです。その中で際立っていたのはやはりサラー、この試合の2ゴールは正に彼の良さ(オフザボールの動き出し)とリヴァプールの哲学(カウンタープレス)が存分に発揮されたものでまだまだ彼の勢いは止まりそうにありません。

 

圧倒的な攻撃力とチーム力で相手を制圧したリヴァプール。この勢いを何処まで続けられるか注目です。

 

では

 

エバートン フットボールクラブ Everton FC オフィシャル商品 コア クレスト フラッグ 旗 【海外通販】

 

リバプール フットボールクラブ Liverpool FC オフィシャル商品 Pulse リバーシブル 掛け布団カバー・枕カバーセット 【海外通販】