きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

リヴァプールvsインテル~勢いを削がれた退場~【サッカー】

1stレグは強さを見せたリヴァプールインテルは「要塞」アンフィールドでどのような戦いを見せられるか注目です。

 

ということで先日行われたCL1回戦2ndレグ、リヴァプールvsインテルの感想です。

f:id:kichitan:20220309135651j:plain

Getty Images

1stレグはコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

 

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20220309140240p:plain

 

前半

リヴァプールはジョタがブロゾビッチを抑える4-3-3、対するインテルは守備5-3-2の3-5-2を採用していました。

試合はリヴァプールがボールを保持し、空いたサイドバックを軸としてビルドアップを行い3バックの脇を突く狙いを持っており、対するインテルは引き込みがらサイドバックの裏を突くカウンターを狙いハイプレスも積極的に行っていました。

そんな中主導権を握ったのはインテルで、中盤のプレスが機能したことでショートカウンターを敢行することが可能に。ただ共にチャンスらしいチャンスはセットプレーのみに留まり前半を終えます。

 

後半

後半インテルデ・フライが負傷でダンブロージオに交代を余儀なくされると、いきなりサラーにポスト直撃弾を放たれます。しかし落ち着きを取り戻し前半のように主導権を握ると、ショートカウンターからラウタロのコントロールショットが決まりインテルが待望の先制点を挙げます。

しかしその直後にサンチェスが2枚目のイエローカードで退場。勢いがそがれると、リヴァプールはケイタ、ヘンダーソンを投入し中盤の強度を高め徐々に流れを引き寄せます。インテルはブロゾビッチの負傷もあり3枚替えを行い流れを変えようとするもののリヴァプールを慌てさせることは出来ずそのまま試合終了。

リヴァプールがトータルスコア2-1でベスト8に進むこととなりました。

 

総評

リヴァプールはサラーが2本のポスト直撃弾など決定力に欠けた部分はあったものの全体的にはインテルに押されており低調な出来であったと思います。それでも好守で存在感を放ったファビーニョやファン・ダイクは素晴らしい出来であると言え、チームの組織力の高さを見せ付けました。

kichitan.hatenablog.com

 

一方インテルはこれから反撃だという時にサンチェスが退場。ここで勢いが完全に削がれたと思われます。それでも最後までリヴァプールを苦しめた強さは本物で、結果的にアンフィールドで破ることに成功しています。特にマネを完封したシュクリニアル、攻守のリンク役として申し分ない働きを見せたブロゾビッチ(怪我が心配です)、ゴールの感覚を完全に取り戻したラウタロ・マルティネスの働きは素晴らしく、鮮烈なスクデット争いを勝ち抜ける強さは取り戻したと言っていいでしょう。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

インテルが予想以上の強さを見せた1戦。両チームの今後の試合も楽しみです。

 

では

 

★SALE★セール★リバプール オフィシャル マグカップ HT【サッカー サポーター グッズ】【スポーツ ホビー】【店頭受取対応商品】【オンライン限定新生活セール:3/1〜4/5正午まで】

 

インテルミラノ フライトタグキーホルダー〔kft008〕