きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

アルフィン・ライゼ・アルノール~天使のような可憐さ~【軌跡シリーズ】

※ネタばれ有


今回は軌跡シリーズの主要キャラである「アルフィン・ライゼ・アルノール」について書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20211112134217p:plain

Falcom

①天使のような可憐さ

エレボニア帝国の皇女で、セドリック皇太子の双子の姉、オリヴァルト皇子の腹違いの妹です。セドリックと共に「帝国の至宝」と呼ばれ、天使のような可憐さで帝国臣民から絶大な人気を誇るまさしく「お姫様」です。

kichitan.hatenablog.com

 

しかし皇族とは思えない程の気さくな性格をしており、気まぐれで悪戯好き。さらに女学院で密かに流行している 「乙女の嗜み」にも興味を示す等、その自由奔放さは兄にも負けていません。更に兄に対しては的確なツッコミを披露、そしてやや奥手なエリゼを度々からかい、やや気弱なセドリックをリードする等コミュニケーション能力の化け物であると言えます。

「抱きしめたエリゼの感触が何よりの証拠じゃありませんか?」

リィンの妹エリゼとは同級生であり親友で、公的な行事でも度々お供として連れてくる等全幅の信頼を置いています。

 

②囚われの身

初登場は「閃」で、Ⅶ組が帝都に訪れる際に初対面します。その後帝国解放戦線に拉致された際にリィンに救出され、パーティーに誘おうとする等好意を見せ始めます。

kichitan.hatenablog.com

 

「閃Ⅱ」では内戦勃発後トヴァルやエリゼと共にユミルに逃げ込んでいましたが、アルティナによってエリゼと一緒に拉致されます。その後パンタグリュエルで囚われの身となりますが強制的に招待されていたリィンと再会。思い悩む彼を叱咤激励し、「鬼の力」制御のきっかけを作り彼によって担がれ船から脱出します。その後はオリビエからカレイジャスを託され内戦終結に尽力します。

「閃Ⅲ」ではエリゼと共に女学院高等部に進学。セドリックが別人のように変わっていた事を憂慮します。終盤にはエリゼと共に聖アストライア女学院に残ります。

そして「閃Ⅳ」では終盤でのカレイジャス爆散のショックが隠せず落胆、自身もティータと共にドレックノール要塞に軟禁されますがオリビエの再登場もあり、解放以降は新旧Ⅶ組にサポートに回り黄昏への抵抗に力を尽くします。その際弟セドリックと再会、お互いの気持ちを伝えます。

「創」ではセドリックが「表向き」行方不明になっているので皇太女を拝命。義姉シェラザード夫妻が行方不明になったことでリィンとエリゼ達に捜索を託します。また「真・夢幻回廊」ではパーティーメンバーとしても使用出来ます。

帝国の今後を占う重要人物でもあるので「囚われの身」になることが多く、某人気ゲームの桃姫を思い起こさせます。

 

③サポート特化の能力

戦闘では魔導杖を使いますが、サポート特化の能力をしています。魔法攻撃の「イノセントレイ」はあるものの、解析クラフトの「ディフェクターγ」、SPDアップ+CP回復の「プリンセスエール」での補助が主な役割で、オーダーの「セイクリッドシェル」も魔法攻撃を吸収+CP回復とサポートメインの能力を持っています。

しかし血は争えないのか兄と同様アーツ能力は高く、魔法アタッカーとしての運用も出来ます。ただアーツの支援クラフトやオーダーが少ない為、サポートに回った方が最適解になりそうです。

 

帝国の皇族なので新作「黎の軌跡」での登場は無さそうですが、後作での登場は楽しみにしたいです。ただ再び囚われていなければいいですが、、、。

 

では

 

【中古】 英雄伝説 創の軌跡/PS4 【中古】afb

 

【楽天ブックス限定特典 特典】英雄伝説 黎の軌跡 通常版(DLC アイテムセット「スプリガンからの贈り物B」 【初回予約外付特典】DLC『ホロウコアVoice:ラトーヤ・ハミルトン(CV:井上喜久子)』)