きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

ミュゼ・イーグレット~ゆるふわ女狐~【軌跡シリーズ】

※ネタばれ有


今回は軌跡シリーズの主要キャラである「ミュゼ・イーグレット」について書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20210925114830p:plain

Falcom

①ゆるふわ女狐

トールズ士官学院・第II分校に所属している清楚かつ蠱惑的な言動が特徴の少女です。貴族子女らしい品の良さを持ち成績優秀で茶道部に所属して見事な腕前を見せる等、正に「お嬢様」でありますが、言動に底知れぬ部分がありリィンを事あるごとに誘惑する等途中加入ながら曲者ぶりを存分に見せています。その為他新Ⅶ組とのメンバーとの関係は良好ながらもどこか壁があるような感じになっています。因みにアッシュには「ゆるふわ女狐」と評されています。

「ですが折角の教官からの愛の告白、ハグとは言わず熱いベーゼをー。」

kichitan.hatenablog.com

 

その正体は「ミルディーヌ・ユーゼリス・ド・カイエン」。「閃Ⅱ」にて内乱を引き起こしたクロワール・ド・カイエン公爵の姪で、公女です。両親を海難事故で亡くした後その力を脅威とみなしたカイエン公爵に母方のイーグレット伯爵家に養女に出し、帝都のアストライア女学院に初等部の時から幽閉されていた過去があります。

しかしイーグレット伯爵家では大切にされていたらしく関係は良好です。

 

②「指し手」の能力

作中ではミュゼの物事を盤面のように読み解く「指し手」の能力は存分に発揮され、「閃Ⅲ」では中盤で主計科から特務科に移籍したことで「呪い」に関連しているアッシュやリィンと接触。分校長オーレリア、ヴィータと手を組んで、次期カイエン公への推挙及びオズボーンに対抗させるためにヴァイスラント決起軍を組織します。そして「黒キ聖杯」にて一時離脱します。

その後「閃Ⅳ」ではオズギリアス盆地にて再会し、自身の出世、オズボーンが「大地の竜作戦」として世界大戦を画策していること、そしてそれに対しての抵抗として決起軍を作ったことを告げます。

しかしその戦い(千の陽炎作戦)で多数の犠牲が出る事が予想され、自身はその戦いに参加するよう各国や仲間達に選択を促しますが本人はそれに納得しておらず、ユウナにその気持ちを見抜かれ決意が揺らぎます。それでもリィン救出後オーレリアの助けもあり「千の陽炎作戦」の主宰を担うことになりますがセドリックの強襲を受け、万事休すの状況に陥ちましたがカレイジャスⅡの登場で九死に一生を得て、その行動をリィン達に咎められます。

kichitan.hatenablog.com

 

そして自身がオズボーンに敵わなかったことを悟り「ミュゼ」として新Ⅶ組と共に戦う事を決意。「千の陽炎」は走らせつつも「光まとう翼」に参加します。

「創」ではリィン達と共にユミルに滞在しており、クレア&マテウス戦でも活躍します。そして他メンバーと同様オリヴァルト夫妻の失踪、クロスベルの再占領を知り行動を開始、ノルド高原でパーティーインします。

 

③高威力のアーツラッシュ

戦闘では銃身がやや長い魔導騎銃を用いますが物理攻撃は正直期待出来ません。有用なのは回復効果のある「サフィールレイン」や吸引効果のある「ペンタウァショット」ぐらいで、クラフトの威力も余りパッとしません。

しかし真価を発揮するのはアーツ使用時で、トップクラスのATSとADFを誇っている上にオーダー「アカシックアーツ」の効果(消費EP2/5&EP回復)もあり無類の強さを誇ります。アーツ有用な戦闘では欠かせない戦力となってくれます。

 

ややチートな能力を持っている為「黎の軌跡」での出番は無さそうですが、後作品では起こるであろう大きな戦いの戦局を大きく変える役割を担ってくれそうです。

 

では

 

【中古】英雄伝説 閃の軌跡4 -THE END OF SAGA-ソフト:プレイステーション4ソフト/ロールプレイング・ゲーム

 

【楽天ブックス限定特典 特典】英雄伝説 黎の軌跡 SPRIGGAN Edition(DLC アイテムセット「スプリガンからの贈り物B」 【初回予約外付特典】DLC『ホロウコアVoice:ラトーヤ・ハミルトン(CV:井上喜久子)』)