きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

ユウナ・クロフォード~正義感あふれる活発な少女~【軌跡シリーズ】

※ネタばれ有


今回は軌跡シリーズの主要キャラである「ユウナ・クロフォード」について書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20210919132723p:plain

Falcom

①正義感あふれる活発な少女

トールズ士官学院・第Ⅱ分校に所属している正義感あふれる活発な少女で、新Ⅶ組のリーダー的存在です。

クロスベル生まれで警察学校に通っていた経歴があり、帝国がクロスベル州を併合したことで「特務支援課」の一員になる夢が絶たれさらに異議申し立てを行ったことで単位取り消しを受け失意していた所を、当時臨時教官として赴任していたクレアの計らいでトールズ士官学院・第Ⅱ分校に転学することになりました。

当初はリィンに対して反発していましたがクロスベルの一件もあり徐々に打ち解け、本来の前向きで快活な性格が前面に出ることとなりました。その後はクロスベルと帝国の双方の人々が笑顔になれる未来を探すという信念の元、やや立場を考えない行動(皇族に敬語を使わない等)もあり周りに冷や汗をかかせる場面もありながら、新Ⅶ組の元気印として活躍します。

kichitan.hatenablog.com

 

そして最終的には尊敬するリィンと同様、新Ⅶ組の重心として成長していきます。

 

②運命を翻弄されるクロスベルの代弁者

時系列での初登場は「碧・改」で、警察学校の学生として登場しロイド以外の特務支援課に出会うこととなります。

kichitan.hatenablog.com

 

そして「閃Ⅲ」でトールズ士官学院・第Ⅱ分校に入学。前述したクロスベルではナーバスな部分を見せ、ロイド達が幽閉された事を知って慟哭。他メンバーが自分たちの立場を再認識させるきっかけを作り、その後彼女は「クロスベルと帝国の双方の人々が笑顔になれる未来」を模索していこうと決めます。そして作中で以前リィンに助けられており密かにお礼を言いたいことがわかります。

「黒キ星杯」出現後はアルティナを助ける為仲間と共に突入します。

「閃Ⅳ」では失意のどん底に陥っていたⅦ組を𠮟咤激励して立ち直るきっかけを作り、リィンの奪還作戦の中心人物として大活躍します。

そしてリィン奪還後は改めて助けてもらったお礼を言い、最終決戦に挑みます。エンディングではレアな髪を下ろした姿を見ることが出来ます。

「創」では総督親衛隊のクロスベルクーデター占拠の際にオルキスタワー突入に協力。その後はユミルに招かれますがオリヴァルト皇子夫妻の失踪、クロスベルの再占領を知ることになります。そしてリィンルートのクロスベルで合流後、真の黒幕に挑んでいくことになります。エンディングでは演劇の為の男装姿を披露しています。

 

③加速クラフトと強力なオーダー

戦闘ではマシンガン内蔵の特殊警棒「ガンブレイカー」を使用し、トンファーを使った接近戦、内蔵するマシンガンを主体とする中距離戦を使い分けて戦います。

その武器を使用した駆動解除100%の「クロスブレイク」、範囲が広い「ジェミニブラスト」と攻撃クラフトも使い易いですが、加速とSPDアップの効果の「クイックスター改」、ロイドのバーニングハートに似た効果を持つ自己強化の「フレアネスハート」が抜群の性能を誇っており、終始使えるキャラです。

ブレイクゲージとブレイブオーダーが追加された「閃Ⅲ」ではオーダーの「スレッジハンマー」がBP消費1&ブレイクダメージ+300%と破格の性能を誇り、バランスブレイカーとして猛威を振るいます。クルトと同時起用すれば大抵の敵には対応できます。

それ以降は弱体化しますが、それでも強力なクラフトでの補助や距離を気にせず運用できる使い勝手の良さもあり、登場するシリーズではいずれも主力として運用できます。

 

新作「黎の軌跡」での登場は無さそうですが、以外と少ないロイドと肩を並べた共闘を再び見てみたいものです。

 

では

 

【中古】英雄伝説 閃の軌跡3ソフト:プレイステーション4ソフト/ロールプレイング・ゲーム

 

【楽天ブックス限定特典 特典】英雄伝説 黎の軌跡 通常版(DLC アイテムセット「スプリガンからの贈り物B」 【初回予約外付特典】DLC『ホロウコアVoice:ラトーヤ・ハミルトン(CV:井上喜久子)』)