きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

ロイド・バニングス~「壁」を乗り越える力~【軌跡シリーズ】

※ネタばれ有

 

今回は最新作「創の軌跡」の主要キャラである「ロイド・バニングス」について書いていきたいと思います。

 

f:id:kichitan:20200715101312p:plain

Falcom

①「壁」を乗り越える力

零の軌跡」「碧の軌跡」の主人公で、クロスベル警察特務支援課のリーダーです。真面目で正義感が強く、論理的な考察で事件を解決に導きます。

 

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

捜査官試験を一発で受かるエリートですが兄「ガイ・バニングス」の存在が大きく自分の力を過小評価しがちで、零の軌跡では特に自身の無さを見せる描写が多かったです。

しかし特務支援課の地道な活動や「D∴G教団事件」の解決、そして「碧き零の計画」を通して自分たちの正義を持ち、頼れるリーダーとなりました。

また最後まで諦めない「壁」を乗り越える力を持ち、状況が不安定なクロスベルに訪れる幾度とある危機に対して立ち向かいます。

「創の軌跡」ではクロスベルが解放され、再び独立権が認められる「再独立調印式」から物語が始まり、特務支援課が新たに立ちふさがる「壁」に挑みます。

「――行こう、みんな!俺たちならきっと《壁》を乗り越えられるはずだ!」

 

②天然人たらし

ロイドの最大の特徴として「天然人たらし」であることが挙げられます。口説き文句ともとれるクサイ台詞を次々と放ち、女性を落とす(落としかける)ことから周りから「天然の女たらし」、「弟ブルジョワジー」、「弟系草食男子を装った喰いまくりのリア充野郎」と呼ばれています。しかも本人は無自覚なのでタチが悪いです。

しかもセシルやイリアなど年上の女性、同僚であるエリィやティオやノエル、キーア、レンなど年下の女性と多岐に渡り同じ名前を持つ某攻略王もタジタジです。

しかもそれは同姓にも及び、ランディやアリオスなど落ちた?人がいますので女たらしというか「人たらし」と言えそうです。しかし同じクサい台詞を放ちどちらも天然同士なリーシャ、エリィ一筋で全く通用しなかったマリアベルなど数少ない例外もあります。

 

③燃え盛る心

戦闘ではバランスに長けた物理アタッカーとして活躍します。直線攻撃+封技付与の「ブレイブスマッシュ」、アーツを解除+気絶付与の「スタンブレイク」範囲攻撃の「アクセルラッシュ」など攻撃クラフトも優秀ですが何より強力なのは、

・STR、DEF、SPDを5ターン+50%

・状態異常を無効化

・5ターン経過後は1ターン気絶

(全て零の軌跡)の効果を持つ「バーニングハート」です。反動である気絶ももう一度発動させると継続する為、CPが続く限りずっと強化しているようなものです。

その強さは作中でも屈指の威力を持ち次回作以降は弱体化が図られていますが、ロイドの最も印象的な技です。

 

では