きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

エデルソン・モラレス~特筆した足元の技術~【特集】

今回はマンチェスター・シティ所属のエデルソン・モラレス選手について書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20200530113908j:plain

Getty Images

①特筆すべき足元の技術

エデルソン選手の特長は「特筆した足元の技術」であると思います。長短バリエーションに富んだパスを狙い通りに通す技術が素晴らしく、冷静さやプレスを外す能力にも長けている為、現在のシティのパスサッカーにピッタリ当てはまる選手であると思います。また低いグラウンダー性のパスはスピード、精度共に抜群で1本のパスで決定的なチャンスを演出することも出来ます。

またGKの技術も世界最高レベルでやや身長が低いもののパンチング技術に優れ、シュートストップも非常に安定しています。また守備範囲も非常に広くリベロ的な働きも期待出来る選手です。

 

②強心臓

またGKに必要不可欠なメンタリティーも非常に優れていると思います。ミスや失点を犯しても全く表情に出さない冷静さを持ち合わせており、試合中に感情的になることはほぼ無いです。

また今シーズングアルディオラ監督が余りにもPKを外すチームの状況に嘆き、PKキッカーに指名しようとするなどその強心臓っぷりは周囲にも認めらています。

特筆した技術、そし強靭なメンタリティー。エデルソン選手が世界最高のGKに推される大きな理由です。

 

③正守護神争い

目立った課題もなくトップレベルに君臨し続けるエデルソン選手ですが、大きな壁を残しています。それはブラジル代表の正守護神争いです。

現状リヴァプールのアリソン選手がレギュラーを務めていますが共に世界最高レベルの実力を持つ実力者で甲乙つけ難いです。代表にいち早く定着したアリソン選手が一歩リードしている所で、現在も高レベルなレギュラー争いが繰り広げられております。ブラジル代表監督のチッチ監督も嬉しい悲鳴を上げています。

 

シティではその特筆される能力でチームに欠かせない存在になっているエデルソン選手。代表での活躍も期待したいです。

 

では