きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

パリSGvsマンチェスターシティ~両チームの狙いと結果~【サッカー】

「個」vs「組織」の極みの試合。注目です。

 

ということで先日行われたCL準々決勝1stレグ、パリSGvsマンチェスターシティの感想です。

f:id:kichitan:20210429135342j:plain

Getty Images

関連記事はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

 

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20210429135621p:plain

 

①早い時間帯で先制

パリSGは攻撃時は4-3-3で4-4-1-1の守備からネイマール、エンバぺを生かしたカウンターを狙い、シティは4-4-2のダブルゼロトップみたいな形でアンカー周りを使おうとしていました。

試合はシティがボールを持つ展開になりますが、ネイマール、エンバぺのカウンターリスクを考えてカンセロロールは行いませんでした。その為攻撃時のライン間の人数が減り攻撃は単発的になる反面守備ではしっかり二人を抑えていました。

しかし得点を挙げたのはパリ、コーナーキックからマルキーニョスが決めて早い時間帯で先制を果たします。
kichitan.hatenablog.com

 

同点に追いつきたいシティは前半終了前ぐらいにギュンドアンを一列挙げる等攻撃の姿勢は見せますがパリリードのまま前半を終えます。

 

②大きいアウェーゴール二つ

後半シティはフォーデンを中に絞らせカンセロをサイドに張らせ5レーンを作り攻勢に出ます。しかし攻撃の奥行を上手く作れずチャンスを作ることが出来ません。カンセロをジンチェンコに交代した後もそれほど変わりはありませんでしたが、流れを変えたのはセットプレーでした。

コーナーキックからの流れからのデ・ブライネのアーリークロスがそのままゴールに入りシティが同点に追いつくと、直後フリーキックをマフレズが直接叩き込みシティが逆転に成功します。

kichitan.hatenablog.com

 

追いつきたいパリですが、ゲイエが足裏を見せるタックルで退場してしまい人数が少なくなると、そのまま反撃も少なめでゲームセット。シティが大きいアウェーゴール二つをホームに持って帰ることになりました。

 

③両チームの狙いと結果

パリは守備はかなり機能しており、自分達のペースに持ち込んだもののセットプレー二つにやられることとなりました。しかもアウェーゴールとかなりこの代償は多く、2ndレグは死に物狂いで点を取ってくるでしょう。

一方シティはかなり大きなアドバンテージを得たと思います。攻撃があまり機能しなかったのは気がかりではありましたが、2ndレグも同様の戦いで進めることが予想されます。ただ気にし過ぎて5バックとかにしなければいいのですが、、、。

 

狙い通りのサッカーをしながらも負けたパリ、狙い通りにはいかなかったものの勝利を掴んだシティ、2ndレグの戦いも注目です。

 

では

 

ジョーダン パリサンジェルマン コラボ PSG TAPED パーカー フーディ スウェットパンツ 上下セット セットアップ ブラック ユニセックス ナイキ 正規品[衣類]

 

★SALE★セール★RE-TAKE(リテイク) マンチェスターシティ Established パーカー(ネイビー)【サッカー ウェア フーディー スウェット】【店頭受取対応商品】【期間限定セール】【GWS】