きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

チェルシーvsアーセナル~危機的状況での見事な準備~【サッカー】

チャンピオンズリーグ出場権獲得の為にはこの試合必勝のアーセナル。しかしただでさえ怪我人続出&相手はチェルシー。非常に苦しい戦いが予想されます。

 

ということで先日行われたチェルシーvsアーセナルの感想です。

Getty Images

両チームのスタメン&結果

 

前半

チェルシーは守備5-3-2の3-5-2、対するアーセナルは守備4-2-1-3の4-2-3-1を採用していました。

試合はチェルシーアーセナルの左肩上がりのビルドアップのミスを突いたショートカウンター、そしてアーセナルは5バック+カンテに全て嵌めるハイプレスでお互いビルドアップを阻害していきます。そんな我慢比べでミスが出てしまい、クリステンセンのバックパスのミスをエンケティアが掻っ攫い先制点を挙げてアーセナルがリードします。

しかしチェルシーはヴェルナーのシュートがリフレクションしてそのままゴール、同点に追いつきますがアーセナルもサカの持ち上がりからウーデゴールのパス、最後はスミス・ロウが流し込み再び引き離します。

それでもマウントのクロスからアスピリクエタが合わせ再び同点。お互い点の奪い合いで前半を終えます。

kichitan.hatenablog.com

 

後半

後半チェルシーチアゴ・シウバを投入。守備の安定を図りますが、この日ノっているエンケティアが球際の強さを見せゴールを決め、再びアーセナルがリードを奪います。

チェルシーはハヴァーツを投入し攻撃の機能性を高めようとするもマルティネッリ、セドリックを投入し5バック化し組織的に守るアーセナル守備陣を崩せません。そしてツィエクを投入するも攻撃に幅をもたらすことは出来ず、最後はアスピリクエタがサカを倒したとしてPKを与え、サカが冷静に決め勝負あり。

kichitan.hatenablog.com

 

アーセナルチャンピオンズリーグ出場権に何とか留まる勝ち点3を獲得しました。

 

総評

チェルシーはここに来て好不調の激しさが目立ってきています。特にチームの守備連動の精度が著しく低く、アーセナルの2列目に好きなように使われることに。また攻撃時もポジションを取れていない場面が多く、攻守共に個の頑張りに頼る事となりました。

併せていつもは「間違わない」トゥヘル監督の采配上でもミスも目立ちました。前半の不出来を受け修正を試みたものの、逆に幅を取れずに機能性を低下させることに。最近のチーム状況に合わせて自身の離婚もありメンタル的にかなり厳しい状態であることは間違いなく、持ち直してくれることを願っています。

kichitan.hatenablog.com

 

そんな中で奮闘したのはヴェルナー。攻撃陣で唯一といっていい程気を吐いており、スペースメイクやドリブルで局面打開に務めて1ゴールを挙げました。

kichitan.hatenablog.com

 

一方アーセナルは主力をこれだけ欠きながらの勝利は称賛に値します。相手の不出来に救われた部分は確かにありますが後半の守備や交代策は見事なもので、アルテタ監督の準備が報われたと思われます。

そんな中大活躍したのはエンケティア。ここまで目立ったインパクトを残さなかったFWがこの大一番で2ゴール。まだまだ粗さはありますが今後もラッキーボーイ的選手になってくれれば楽しみです。

 

危機的状況で見事な準備を行い反発力を示したアーセナル。今後もチャンピオンズリーグ出場権争いの中心として盛り上げてくれそうです。

 

では

 

チェルシー 19-20 フリース プルオーバー フーディー(ブルー)【NIKE/ナイキ】【サッカー ウェア スウェット】(AT4416-495)【店頭受取対応商品】

 

アーセナル 21-22 ホーム 半袖 ユニフォーム No.10 スミス・ロウ(プレミアリーグパッチ付き)【adidas/アディダス】【サッカー ウエア レプリカユニフォーム】(GM0217/10SR-P)【店頭受取対応商品】