きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

ナポリvsACミラン~キープレーヤーを抑えた守備陣~【サッカー】

スクデット争いを左右するであろう1戦。特にホームのナポリはきっちり勝利を挙げておきたい所です。

 

ということで先日行われたナポリvsACミランの感想です。

f:id:kichitan:20220307135557j:plain

 

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20220307140316p:plain

 

前半

ナポリは守備4-4-1-1の4-2-3-1、対するミランはファビアン・ルイスにケシエが付く形となった4-3-3を採用していました。

試合は左肩上がりやボランチを落としてビルドアップを行うナポリがボールを保持する形になりますが、要であるファビアンはケシエ、オシムヘンはミランの両センターバックに抑えられ上手くフィニッシュまで繋げられません。

一方ミランも主にレオンのカウンターで攻撃を仕掛けますが、対するディ・ロレンツィオが落ち着いて対処し決定機までは作らせず、共に守備の良さもあり前半をスコアレスで終えます。

kichitan.hatenablog.com

 

後半

後半いきなり試合が動きます。フリーキックのこぼれ球から最後はジルーが合わせミランが待望の先制点を挙げます。攻勢に出たいナポリですが、前半と同様キープレーヤーが抑えられチャンスすら作れずにいます。その後ナポリは両ウイングを交代、メルテンスを投入し局面の打開に務めますが、次々にフレッシュな選手を投入するミランの守備陣を最後まで崩すことは出来ずそのまま試合終了。

アウェーのミランが大一番を制することとなりました。

 

総評

ナポリは戦略的には悪くは無いものの特に攻撃陣がミランの「個」に封殺されることになってしまいました。特にインシーニェ、ファビアン・ルイスオシムヘンというキープレーヤーがここまで抑えられるとスパレッティ監督にとっては難しく、それぞれ交代させ打開を試みるも崩せず敗北を喫することに。守備の出来自体はそれほど悪くなかっただけに残念な所です。

正直この試合に関してはミランの出来の良さを褒めるしかないかと思います。

対するミランは個々が素晴らしいパフォーマンスを見せた勝利でした。

特に守備陣の出来は特筆もので、カルル、トモリのコンビはオシムヘンを封殺、テオは崩しの切り札であるインシーニェを見事に封じ込めました。ファビアンを抑えたケシエも含めてチームだけではなく個でも相手を上回った試合であったと言えます。

そして得点を決めたジルーの存在を忘れてはいけません。この試合まではサンシーロで「しか」得点を奪えなかったストライカーは決勝点を挙げ勝利に大きく貢献。チャンス自体は少なかったものの見事に生かし存在感を十分に示しました。枷が無くなったベテランストライカーの活躍はスクデット争いでも大きなアドバンテージとなりそうです。

kichitan.hatenablog.com

 

ミランが勝利するもまだ3ポイントに3チームがひしめき合う(残り1チームはインテルセリエA。今後の試合も楽しみです。

 

では

 

★SALE★セール★RE-TAKE(リテイク) ナポリ Established パーカー(ブラック)【サッカー ウェア フーディー スウェット】【スポーツ ホビー】【店頭受取対応商品】

 

ACミラン TR 半袖シャツ プーマブラック 【PUMA|プーマ】クラブチームウェアー765116-05