きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

ACミランvsインテル~「個」への依存と攻め急ぎ~【サッカー】

共に波に乗れない両チーム。しかしこの試合は波に乗るには打ってつけの大一番、コッパイタリアミラノダービーです。

 

ということで先日行われたACミランvsインテルの感想です。

f:id:kichitan:20220302144412j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20220302145223p:plain

 

前半

ミランは前線がブロゾビッチ、3センターバックにそれぞれ付く守備4-2-1-3の4-2-3-1、対するインテルは守備5-3-2の3-5-2を採用しました。

序盤はインテルミランの布陣に合わせてハイプレスを行いビルドアップを阻害しペースを握ります。クルニッチに抑えられているブロゾビッチもチャルハノールやバストーニ、シュクリニアルの攻め上がりによってサポートされボールを保持していきます。しかしこの所の得点力不足も意識したのか攻め急ぎがあり、いい形でボールを受けることが出来ません。

するとジルーのポストプレーもありミランがペースを握り出すとレオンの突破を中心にチャンスを作り出していきます。しかし5バックに有効な左右への揺さぶりのルートが作れず攻撃は単発的に。ロマニョーリが負傷退場しカルルが入るトラブルもありながら効果的なショートカウンターも繰り出すも、ハンダノビッチの好守もあり得点には繋がらず前半はスコアレスで終わります。

 

後半

後半開始直後にレオンがシュートを放つもハンダノビッチのセーブに阻まれると、一気に流れを引き寄せます。インテルは前半の問題を解決出来ず防戦一方になりますが、サンチェス、ビダルを投入し打開を試みます。

そしてミランもレビッチ、ブラヒム・ディアス、メシアスを同時投入するも互いに決め手に欠き、インテルはコレア、ダンフリース、ダルミアンを投入して追い込みをかけますが試合はスコアレスドロー。決着は2戦目に持ち越されました。

 

総評

ミランは普段とは違う形の守備を行いショートカウンターを仕掛ける場面もありましたがやや両ウイングとの連動性(特にレオン)に欠きまだまだ練度の物足りなさは感じました。しかしそれよりも心配なのはレオンに「頼り過ぎな」攻撃です。彼は所謂「ソリスト」な選手で、組み立てやスペースメイクなどの貢献を考えると中心として考えるにはまだまだ課題の多い選手です。今試合はジルー、クルニッチの縦関係で打開を図ろうとしましたが上手くは行っておらず、このままレオンの単騎突破頼みでは今後も苦しいかと思います。

kichitan.hatenablog.com

 

しかしそんな中で輝いたのはべナセル、トナーリ不在の中自身の持ち味である展開力に加え切り替えの守備の強度もあり素晴らしいパフォーマンスを見せました。

一方インテルは全体的にコンディションが悪いのか低調なパフォーマンスになっていました。特にエースのラウタロ・マルティネスは焦りもあるのか周りとの連動性も落ちており判断ミスを繰り返すなど心配なパフォーマンスを見せてしまっています。チームでもこの所の得点力不足を気にしていたのか攻め急ぎが目立ち、ミラン守備陣を楽にしてしまっていました。インザーギ監督は前線の組み合わせも含めてチームを落ち着かせる必要がありそうですね。

kichitan.hatenablog.com

 

「個」への依存と攻め急ぎ、共に課題が見えた両チーム。いかにここを修正出来るか、スクデット争いも過熱してきており指揮官の手腕が試されます。

 

では

 

【予約ECM32】【国内未発売】ACミラン ニットキャップ マフラーセット【MILAN/サッカー/セリエA/帽子/スカーフ】

 

インテルミラノ フライトタグキーホルダー〔kft008〕