きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

ベトナムvs日本~次の試合に大きな不安を残す~【サッカー】

新機軸の4-3-3でベトナムの5バックを日本代表がどう崩すか注目です。

 

ということで先日行われたベトナムvs日本の感想です。

f:id:kichitan:20211112123132j:plain

出典:スポニチ sponichi annex

日本の布陣&結果はコチラ

f:id:kichitan:20211112124528p:plain

 

前半

ベトナムは中央を固めた守備5-3-2の3-5-2を採用、対する日本は前回と同様守備4-1-4-1の4-3-3を採用していました。

試合は日本がボールを保持する展開になりますが、5バック+3ボランチの崩し方のセオリーの一つ、サイドでの揺さぶりが上手く行きません。速い迂回ルートを取りたい所ですが如何せんビルドアップの整理がされていないので、ボールを逆方向に戻したり無理に縦に付けたりする場面が頻発。さらにGKに戻して立て直すことも想定されていないので見事に攻撃が停滞します。

それでも中盤のプレスからショートカウンターを仕掛け、南野のクロスを伊東が押し込み先制点を挙げます。

更にベトナムが攻め込んでくれるのでカウンターを仕掛けられ、コーナーキックのこぼれ球からのロングカウンターで伊東が決めるも田中碧のオフサイドがあったとされノーゴール。点差は1のまま前半を終えます。

 

後半

後半もベトナムは守備等の修正を行っていない為、日本は攻め込める状況になります。ただ攻め急ぎがあったのか幅を取る前に縦パスを入れてしまったり、そもそも幅をとっておらず攻撃は目に見えて停滞します。

日本は中山、浅野を投入するも選手の配置がそもそも変わっていないので、状況を変える程の働きは出来ず、さらに柴崎、古橋を投入するも特に変化はなく伊東のショートカウンターでの単騎突破ぐらいしか期待は持てませんでした。さらに前掛かりになりすぎて危ないカウンターを招く等状況は好転せずそのまま試合終了。結果的に勝ったものの選手達の煮え切らない表情が全てを物語っていました。

 

総評

恐らく選手達はコンディションが悪いながらも試合中の声掛けや修正を常に心がけていたと思います。ただ一番肝心な根っこの部分に適切な栄養分(戦術や采配)を与えなければ倒れる事は必至で、この試合もそれを見事に露呈してしまいました。オーストラリア戦でも書きましたが「勝った」結果だけの試合で、次のオマーン戦に大きな不安を残しました。

kichitan.hatenablog.com

 

特に気になるのは誰が前に出るか定まっていない前線の守備、そしてビルドアップの整理です。守田がサイドで回すなど何とかバランスを取ろうとしていましたが、局面での型が決まっていないのでバランスを取るのに精一杯、終ぞ機能することはありませんでした。この迷いをオマーン戦で突かれない事を願っています。

そんな中光ったのは伊東。決勝点、そして取り消されたものの素晴らしいミドル、更にドリブル突破や激しいプレスバック等機能しない攻撃陣で一人気を吐いていました。(そもそもビルドアップが機能していないので、単騎突破が出来る彼に頼らざるを得ないのが悲しい所ですが、、、。)彼と同様「個」で剥がせる三笘の投入が無かったのが残念な所です。

 

次は前回の対決で敗北したオマーン戦。最終ラインでボールを回され続け、ロングボールの処理ミスやビルドアップのミスで点を取られる。そんな試合にならないことをとにかく願っています。

 

では

 

【公式】アディダス adidas 返品可 サッカー サッカー日本代表 2020 レプリカ ホーム ユニフォーム / Japan Home Jersey レディース メンズ ウェア・服 トップス ユニフォーム 青 ブルー ED7350 notp

 

アディダス(adidas) キッズ JFA サッカー日本代表 2020 ホーム ユニフォーム ファンアイテム GEM06-ED7345 スカイブルー (キッズ)