きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

アタランタvsインテル~際立った両守護神のパフォーマンス~【サッカー】

共に爆発的な攻撃力を誇る両チーム。前回も2-2のドローとなり、今節も激しい打ち合いが期待されます。

 

ということで先日行われたアタランタvsインテルの感想です。

f:id:kichitan:20220117133907j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20220117134823p:plain

 

前半

アタランタインテルの布陣に合わせた4-3-3を採用し、一方インテルは守備5-3-2の3-5-2を採用していました。

試合はインテルがボールを保持する形になりますが、アタランタのオールコートマンツーマンに近い強度の高いプレスに苦しみます。唯一プレスに晒されないハンダノビッチのフィードを起点にレイオフを行いチャンスを作り出しますが、サンチェスのシュートはムッソの好セーブにより防がれゴールを挙げることは出来ません。

対するアタランタショートカウンターでゴールに迫りますが決定機には至らず、前半を終えます。

 

後半

後半も共に鍔迫り合いの様相を見せますが、インテルビダル、ダンフリース、コレアを同時投入し打開を試みます。するとアタランタの運動量が落ちて来たこともあり徐々にインテルが押し込むと、ダンフリースの折り返しをジェコが頭で合わせ、更にサンチェスの強烈なシュートを放つもムッソの牙城は崩せず。

対するアタランタもパシャリッチのシュート、そしてムリエルが飛び出してゴールに迫るもハンダノビッチが守るゴールは割ることが出来ずそのまま試合終了。両GKの素晴らしい活躍もありスコアレスドローで試合を終えました。

 

総評

正直アタランタは勝利したかった所です。ハイプレスが嵌り幾度となくショートカウンターを仕掛けることが出来ながら中々決定機には繋がらなかったのは、起点が作れなかったことでサパタ、イリチッチの不在が大きく響いた形となりました。しかしそれでもコンビネーションで強固なインテル守備陣をある程度崩せたのはアタランタ組織力の賜物で今後も爆発的な攻撃力で勝利を積み重ねるでしょう。

一方インテルは弱点であるビルドアップが露呈した形となりました。要となるブロゾビッチが消されると機能しなくなってしまう場面が目立ち攻めあぐねる結果に。レイオフ等で剥がせたのは流石であると言えますが、ここまで強度の高いハイプレスをかけてくるセリエAのチームは無いので面食らったと思います。それでも決定機を作っていくのは流石で、今後もスクデット争いをリードするチームとなりそうです。

kichitan.hatenablog.com

 

そして何より目立ったのは両守護神のパフォーマンスで、スコアレスドローで終わったとは信じられない内容でした。

 

スコアには表れない熱い戦いになった1戦。今後も両チームには注目していきたいと思います。

 

では

 

【SALE】【国内未発売】アタランタ カジュアルポロシャツ ブラック【19-20/セリエA/Atalanta/サッカー/トレーニング/polo】330

 

【NIKE ナイキ】21/22 インテル・ミラノ ホーム レプリカユニフォーム CV7900 414 サッカー レプリカ スタジアム シャツ レアルスポーツ