きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

ACミランvsインテル~結果と戦い方を左右したPK阻止~【サッカー】

共に上位で迎えるミラノダービー。白熱した試合が予想されます。

 

ということで先日行われたACミランvsインテルの感想です。

f:id:kichitan:20211108131848j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20211108132605p:plain

 

前半

ミランはクルニッチをブロゾビッチを見張る守備4-4-1-1の4-2-3-1、対するインテルは守備5-3-2の3-5-2を採用していました。

試合はケシエがCB間に下りてビルドアップを行うミランがボールを保持しますが、サイドバックの距離感が良くなく、更にインテルが中央を固めていたこともありボールロストからのカウンターを度々受けます。するとハイプレスからのボール奪取からチャルハノールがPKを奪取し、それを決めてインテルが先制します。

kichitan.hatenablog.com

 

しかしその後すぐにフリーキックからのオウンゴールを誘発し、ミランが同点に追いつきます。ただその後もミランのビルドアップは停滞し危ないカウンターを浴び続けると、飛び出したダルミアンをバロ・トゥーレが倒してしまい再びPKを献上します。

インテルは勝ち越しの絶好のチャンスでしたが、ラウタロのシュートをタタルシャヌが見事防ぎミラン九死に一生を得ます。その後もインテルはバストーニの持ち上がりやサイドでの揺さぶりを見せますが点は取れず前半を終えます。

 

後半

後半ミランはバロ・トゥーレからカルルに交代し巻き返しを図ります。さらにサーレマーケルスとレビッチを投入して守備強度を上げながらの戦いに切り替え徐々にペースを握っていきます。

対するインテルもハイプレスとミドルプレスの使い分けのバランスが良く徐々に流れを押し戻していきます。さらにコレア、ダンフリースを投入し攻勢に出ますが得点は奪えず、終盤にサーレマーケルスのポスト直撃弾もありましたがお互い得点は奪えず試合終了。お互い勝ち点1を分け合う形になりました。

 

総評

ミランインテル共にタタルシャヌのPKストップは大きかったと思います。ミランは前半を通してサイドの守備に苦しみ、特に左は守備意識の低いレオンと、ポジショニングが拙く裏を取られ続けていたバロ・トゥーレの組み合わせは、サイド攻撃が強烈なインテルに悉く突かれていました。

kichitan.hatenablog.com

 

後半守備的なカードであるカルル、レビッチに代えたことで安定感が格段に増して引き分けに持ち込んだものの、勝ち越し点を奪われていたら大量失点も有り得たので助かった所です。

一方インテルにとってはかなり痛い失敗となってしまいました。特にビルドアップ面で問題が発生し、キーマンのブロゾビッチをクルニッチにゲームから消されボールを上手く前に運べませんでした。後半は守備からゲームを立て直し相手を押し込むことに成功しましたがカウンターで危ない場面を作る場面も多く、今後もビルドアップ面での課題は残りそうです。

そんな中で輝きを放ったのはバストーニとダルミアン。両者とも本来の守備の働きはさることながら攻撃で重要なアクセントとなり絶大な存在感を示していました。

 

お互いの結果と戦い方を左右したPK阻止。課題も見つかった両チームの今後の戦いも注目です。

 

では

 

『全品ポイント5倍』ACミラン ACM ウォームアップ Tシャツ

 

インテルミラノ フライトタグキーホルダー〔kft008〕