きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

インテルvsナポリ~両サイドの攻防を制す~【サッカー】

未だ無敗のナポリ。しかし今節はアウェーでのインテル戦、この難関をどう切り抜けるか注目です。

 

ということで先日行われたインテルvsナポリの感想です。

f:id:kichitan:20211122133932j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20211122135442p:plain

 

前半

インテルは守備5-3-2の3-5-2を採用、対するナポリは守備4-2-1-3の4-2-3-1を採用していました。

試合はハイプレスでインテルのビルドアップを阻害するナポリが優勢に試合を勧め、自らボール奪取したジエリンスキがショートカウンターを締めくくり先制点となるゴールを決めます。

対するインテルはブロゾビッチがビルドアップを助け両ウイングバックが起点となり盛り返すと、バレッラのシュートがクリバリのハンドを誘いPK。チャルハノールが見事に決めインテルが同点に追いつきます。息を吹き返したインテルは主にサイドで優位性を保ちナポリを押し込むとコーナーキックからペリシッチがフリックしたボールがそのままゴール。インテルが逆転した状態で前半を終えます。

 

後半

同点に追いつきたいナポリですが後半早々オシムヘンが負傷退場。ペターニャが投入されますが、サイドに流れて周囲と連動してチャンスを作るオシムヘンに比べてペターニャは中央での起点作りが主なスタイルなので両サイドと分断され、縦パスを無理に狙いライン間に誰もいない状況が続きます。

するとインテルは見事なカウンターからラウタロ・マルティネスが決め突き放しにかかると更にジェコ、ビダルを投入し止めを刺しにかかります。しかしライン間で働けるメルテンスの投入で流れは一気にナポリに代わり素晴らしいシュートで1点差に追いつくと、さらに攻勢をかけていきます。

kichitan.hatenablog.com

 

しかしロスタイムのマリオ・ルイのヘディングシュートはハンダノビッチのビッグセーブ、そしてメルテンスのボレーは無情にも枠に飛ばずゲームセット。ナポリが今シーズン初黒星を喫しました。

 

総評

インテルは両サイドの攻防を制したのは大きかったと思います。ペリシッチ、ダルミアンは強力なナポリの両ウイングを押し込み守備に追わせる等、攻守で素晴らしいパフォーマンスを披露。そして後半は守勢になるも共に周りと連動した強度の高い守備を見せ、終始優位性を保ちました。

kichitan.hatenablog.com

 

一方ナポリは前半の2失点が非常に勿体なかった思われます。共に押し込まれながらも不運な部分は大きく、後半で見事な立て直しを見せていただけに残念な所です。ただファビアン・ルイスを抑えられた際の攻撃の機能不全は見過ごせない所なので、今後も改善に動いて欲しい所です。

kichitan.hatenablog.com

 

この1節でミランナポリと共に敗れより面白くなったセリエA。かなり上位の力が拮抗しているリーグなので今後も熱い試合が期待出来そうです。

 

では

 

【NIKE ナイキ】21/22 インテル・ミラノ ホーム レプリカユニフォーム CV7900 414 サッカー レプリカ スタジアム シャツ レアルスポーツ

 

★SALE★セール★RE-TAKE(リテイク) ナポリ Established パーカー(ブラック)【サッカー ウェア フーディー スウェット】【スポーツ ホビー】【店頭受取対応商品】