きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

インテルvsリヴァプール~積み重ねた組織力と強度の差~【サッカー】

共に圧倒的な攻撃力を持つ両チーム。特にインテルはホームである為、その戦い方が気になる所です。

 

ということで先日行われたCL1回戦1stレグ、インテルvsリヴァプールの感想です。

f:id:kichitan:20220217134933j:plain

Getty Images

関連記事はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

 

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20220217140001p:plain

 

前半

インテルは守備5-3-2の3-5-2、リヴァプールは4-3-3を採用していました。

試合はインテルが予想以上に前からのプレスを掛けリヴァプールに襲い掛かります。その効果は抜群でリヴァプールはビルドアップに苦しみますが、それでもカウンタープレスでボールを再奪回しカウンターのリスクを減らすと、ブロゾビッチを消した状態でのハイプレスを仕掛けインテルのビルドアップを阻害します。

それでもウイングバックの裏抜けからチャンスを作るもチャルハノールのシュートはバーを叩く等得点は奪えず、リヴァプールもハイプレスと5バックでブロックを作るインテル守備陣を崩せず前半をスコアレスで折り返します。

 

後半

後半リヴァプールはフィルミーノを投入しリズムを変えようとしますが、ペースを握ったのはインテルペリシッチを中心とした左サイドから次々とチャンスを作り始めます。それでも得点を奪えずにいると、リヴァプールは中盤の主導権を戻す為にルイス・ディアス、ヘンダーソン、ナビ・ケイタを一気に投入すると、インテルもサンチェスを投入します。

するとコーナーキックからフィルミーノが頭で決めて先制点を果たすと、またもやセットプレーからファン・ダイクの落としからサラーが流し込み追加点。インテルも3枚同時投入等打開を試みますが試合は終了。リヴァプールがアウェーで見事勝利を果たしました。

kichitan.hatenablog.com

 

総評

正直インテルは現状出来ることは全て行っていたと思います。デザインされたハイプレスはリヴァプールのビルドアップを困難にさせ、引き込む疑似カウンターで守備の弱点であるアーノルド、コナテの裏を徹底的に付いていました。それでも敗れたのはやはりビルドアップの型の少なさでした。

特にブロゾビッチ不在のビルドアップはカバー(特にチャルハノール)が遅く、悉くサイドに追い込まれボールを失うことに。失点はセットプレーでのものでしたが、チャンピオンズリーグで優勝を争えるチームとの差は確かにありました。

しかしペリシッチは幾度となくリヴァプールゴールを脅かす活躍を披露。2ndレグに向けて楽しみな存在です。

kichitan.hatenablog.com

 

一方リヴァプールインテルが予想以上にハイプレスを仕掛けていたことで、レギュラーの人選を見ると正直ファーストプランは外れていたと思います。それでも勝利したのは圧倒的な組織力と強度でした。

特にファン・ダイクはビルドアップ面で不安定さを見せたコナテのフォローをしつつ、対峙するラウタロ・マルティネスを封殺。さらにビルドアップでも的確なポジションと配球を行い、追加点をアシストする等、申し分ないパフォーマンスを披露。圧倒的な存在感を誇りました。

kichitan.hatenablog.com

 

インテルは決して内容は悪くなく、むしろ称賛されるべきパフォーマンスを行っていたと思います。それでも敗北したのはリヴァプールの積み重ねた組織力と強度で、「魔境」であるチャンピオンズリーグのレベルの高さが伺い知れます。2ndレグは「要塞」アンフィールドインテルは何とか意地を見せたい所です。

 

では

 

インテル 21-22 アウェイ 半袖 ユニフォーム (スクデットパッチ付き)【NIKE/ナイキ】【サッカー ウエア レプリカユニフォーム】(CV7899-101)【スポーツ ホビー】【店頭受取対応商品】

 

リバプール オフィシャル キーホルダー LB【サッカー サポーター グッズ】【店頭受取対応商品】