きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

デュバリィ~少しポンな「神速」~【軌跡シリーズ】

※ネタばれ有


今回は軌跡シリーズの主要キャラである「デュバリィ」について書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20211022123037p:plain

Falcom

①少しポンな「神速」

蛇の使徒第七柱アリアンロード直属の戦闘部隊「鉄機隊」の筆頭剣士を務める騎士剣を得物とする女性です。見た目は可憐な10代の少女のように見えますがその実力は本物で、「神速」の二つ名の通り相手が斬られたことすら気付かないほどの速度で剣を振るうことが出来るなど達人クラスの剣の腕前を誇っています。(本気を出したリィンと互角以上に戦えるとのことです。)

「剣士としての格の違い、存分に思い知らせてくれますわ!」

しかしそのお嬢様っぽく俗語も混じっている独特な喋り方やアリアンロードに対する盲目的な評価、そして真面目で純粋なあまり空回りした行動が多いことで少しポンな所があり、相手に「可愛い」と評されたり舐められたりすることもしばしばあります。

「フフン、気になりますか? 気になりますわよね?」「――でも教えてあげませんわ!」

「超絶、素晴らしい方ですわっ!」

ただ本人は至って真面目で剣の腕を磨いており、そのギャップが高い人気を得ています。

 

②鉄機隊筆頭として

初登場は「碧」で終盤の星見の塔で特務支援課を迎え撃ち、持ち前のスピードを見せつけます。ただその際のやり取りで可愛い所を見せており、ポンの片鱗を見せています。

そして同じ時間軸であった「閃Ⅱ」ではその才能?は全面開花。初登場時は湖畔の町レグラムの宿酒場で私服で大食いをしながらブツブツ文句を言っており、バリアハート、オーロックス砦、煌魔城で対峙します。パートナーが曲者揃い(やる気のないマクバーン、変態なブルブラン)なので終始振り回されておりギャグ担当になることもしばしばで、さらに帝国とクロスベルとの往復で疲弊した状態で対峙する等実力を発揮出来ない状況が続きます。ただ煌魔城ではその実力を大いに発揮しており一同を追い詰めます。

「……有り得ませんわ。わたくしが後れを取るなんて……あの方から授かりし剣が……有象無象に破れるなんて……絶対に有り得ませんわ……有り得ない……絶対に……」
「絶対に有り得ませんわッ!!!」

kichitan.hatenablog.com

 

「閃Ⅲ」では当初はシャーリィと共に行動、その後は同僚のアイネス・エンネアと共にアリアンロードに付き従っています。その際も周りに弄られまくりで彼女の立ち位置が分かってしまいます。またレーヴェとの関係、自身の境遇などが判明、終盤には結社の野望にアリアンロードが協力しているのに疑問を持つようになります。

「閃Ⅳ」では遂にアリアンロードと一時的に決別、クロウと共にリィンの救出に協力します。その後は「相克」を見届けますが、帰りの手段が見つからない&リィン達の誘いもありパーティーに同行。ルーファスの不意打ちに倒れたアリアンロードを看取ることになります。そして塩の杭攻略にアイネス・エンネア、西風の二人と共に参加します。

「創」ではルーファスが起こした異常事態を調査中うっかり「本物」と出会ってしまいます。その際は恨みもあり交戦しますが、事態の打開を伺う彼に宥められ渋々合流することになります。サブエピソードでは武闘会にリィンとチームを組み参加します。

 

③「神速」の名の通り

戦闘では騎士剣を使い、「神速」と評されるスピーディーで手数の多い攻撃を得意とします。その為回避と行動力が高く「軌跡」シリーズの特徴にフィットしたキャラとも言えます。またクラフトの「神速ノ太刀」は遅延効果があり主軸として使えます。またオーダーの「ライトニングソード」も彼女の特徴を上手く生かすものとなっています。

しかし火力は物足りなく自身を強化するクラフトも無いので、いかに手数を増やせるかが重要です。また他クラフトがやや使いずらく、攻撃範囲にも課題があります。

 

共和国に行く目的がないので、新作「黎の軌跡」での登場はないと思われますがキャラが立っているので後作での登場の機会はあるかと思います。

 

では

 

USBメモリー 英雄伝説 閃の軌跡II 〈SD_デュバリィ〉

 

【中古】英雄伝説 閃の軌跡2:改 -The Erebonian Civil War-ソフト:プレイステーション4ソフト/ロールプレイング・ゲーム