きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

セリーヌ・ミルスティン~獣人少女~【軌跡シリーズ】

※ネタばれ有

 

今回は軌跡シリーズの主要キャラである「セリーヌ・ミルスティン」について書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20210906140405p:plain

Falcom

①毛並みの美しい黒猫

トールズ士官学院のある町トリスタで神出鬼没に現れるメスの黒猫で、毛並みの美しさと中々人に懐かないプライドの高さを持っています。

度々士官学校入りしてエマと一緒にいる所を目撃します。その正体は魔女の眷属の一人であるエマの使い魔兼お目付け役で人語を理解し話せることも出来、魔力も操ることも出来ます。

kichitan.hatenablog.com

 

性格は真面目で使命に対して厳格な部分はありますが、世話焼きな傾向がありリィンは度々救われています。エマに対しても何だかんだ言って助言や背中を押す行動も多く、パーティーの指南役として活躍します。

また動物と言葉を交わすことができ、ガイウスの相棒ゼオと会話をしている場面が見受けられます。ただ本質的にはネコであり美味しい魚には抗えない可愛い部分もあります。

 

②獣人少女

初登場は「閃」で、新鮮ミルクをあげるイベントも発生します。終盤にて正体を現しヴァリマールに搭乗するもののオルディーネに敗走し、リィンと共に温泉郷ユミル奥地のアイゼンガルド連峰に逃げ出します。

kichitan.hatenablog.com

 

「閃Ⅱ」当初は彼と共に行動。リィンには強制的に脱出したことを咎められ険悪なムードになりますが次第に打ち解け、「相棒」のようなポジションになります。仲間と合流した後はエマに同行し精霊窟の扉の解除に奔走します。

「閃Ⅲ」では巡回魔女となったエマと共にクロスベルでリィンに再会。彼の「神気合一」のコントロールを取り戻させるため一時期一緒に行動することになります。そこで「天敵」ミュゼ(撫で方が異常に気持ちいいらしいです。)との出会いもあります。

エマと共に「黒キ星杯」にも同行しますが、リィンの暴走でヴァリマールと共に捕らえられることになります。そして暴走状態のリィンを術で抑える等必死に彼に声をかけ、人型になりクロウやデュバリィと合流、リィンを止めに向かうことになります。彼の奪還後は月霊窟にてローゼリアによる試練を受け次期長の座を託されます。

「創」ではリィンルートのクロスベルで合流。神狼・ツァイトとも会うことになります。サブエピソードではエマと共に彼女の母に起きたことを目の当たりにすることになります。

 

③シンプル・イズ・ベスト

戦闘では魔力を火炎弾にして攻撃しますが、基本はアーツ要員としての運用が主になります。クラフトは「Ⅳ」では「ナインライブス」のみですが、全体回復&状態異常回復&BP回復と性能は抜群に良く、CP消費は重いものの非常に強力な性能となっています。さらに「創」では威力が非常に高い「クリムゾンテイル」も使えるようになり、攻撃面でも活躍出来ます。ただCPはいずれも重いです。

そしてオーダーの「ディープオニキス」はダメージ軽減&味方ステータスアップですが効果ターン数が長く、長期戦になりがちな強敵相手では地味に効果があります。

「真・夢幻回廊」ではCP回復技が揃っている&BP回復技は貴重なので運用しやすくサポート役として申し分ない働きを見せてくれるので、パーティーインさせても損はないかと思います。

 

新作「黎の軌跡」では立場的に動きやすいので、エマと共に登場するかも知れませんね。

 

では

 

英雄伝説 閃の軌跡II:改 -The Erebonian Civil War-

 

【楽天ブックス限定特典 特典】英雄伝説 黎の軌跡 通常版(DLC アイテムセット「スプリガンからの贈り物B」 【初回予約外付特典】DLC『ホロウコアVoice:ラトーヤ・ハミルトン(CV:井上喜久子)』)