きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

U-24日本vsU-24スペイン~決勝進出は叶わず~【サッカー】

ついに準決勝スペイン戦。どこまで粘り強く戦い、ワンチャンスをモノに出来るか。注目です。

 

ということで先日行われたU-24日本vsU-24スペインの感想です。

f:id:kichitan:20210804114743j:plain

出典:スポニチ sponichi annex

f:id:kichitan:20210804114803p:plain

 

①両センターバックのパス出し

日本は親善試合時と同じく久保がアンカーを押さえる守備を4-4-1-1にした4-2-3-1、スペインは守備4-1-4-1、攻撃4-3-3の布陣を採用していました。

試合はやはりスペインがボールを保持する形となります。日本のファーストディフェンダーの林がコースを切るも、パウ・トーレスエリック・ガルシアセンターバックやGKのパス、思考スピードの速さで難なく楔のパスを入れることが出来、スペインがチャンスを作り続けますが、日本守備陣の個の粘りもあり得点には至りません。

一方日本もカウンターを仕掛けていますがやや縦に急ぎ過ぎな部分が目立ち、無理な態勢からのパスでボールロストを繰り返し中々チャンスには至りません。

前半はスペインに得点の匂いがするもののスコアレスで折り返すこととなります。

 

②決勝進出は叶わず

後半も引き続きスペインがボールを保持し決定機を作っていき、吉田のスライディングがPA内でファウルとなりPKを取られますがVARの末取り消しに。助かった形になりますが日本は上田、相馬を投入するも戦いに変化は無く違いを作ることは出来ません。

スペインもバジェホ、カルロス・ソレール、プアド、アセンシオを投入しますが逆に右サイド守備に問題が出て日本に突かれることに。攻撃陣も決定打には至らず試合は延長戦に入ることとなります。

そして延長戦に入ると日本は久保、堂安二人を変え、よりカウンター寄りにしていきますがボールの運び役がいないのでカウンターは単発的になります。

そんな中もうすぐPKかと思われた延長後半10分。ここまで不振でレギュラーすらままならなかったアセンシオがスローインからの僅かなスキを突き、得意な角度からのシュートがゴールに突き刺さりスペインが先制。日本は最後のパワープレーも叶わず、決勝進出は叶いませんでした。

 

③兎に角選手にはエールを

日本は個人こそは戦えたもののスペイン対策が取れているとは言い難かったです。攻守共に親善試合と変わらず、さらにセンターバックの球出しの精度が上がっていた為容易にスペインにボールを回されることに。仮に5-3-2を使っていればよりスペインを苦しめる可能性はあったと思います。

kichitan.hatenablog.com

 

また久保、堂安二人の同時交代もやや疑問があります。特に久保は出来は悪かったとは言え現在の日本で違いを作れる数少ない選手です。守備の貢献も含めて彼の交代でスペインを楽にしたのは大きかったと思います。

kichitan.hatenablog.com

 

たらればの話が多く結果論であるという意見はありますが、終始変化を付けれず、前線からの守備も修正出来なくそして「個」頼みの攻撃。多少なりともチーム力の差があるスペイン相手に(前回の戦いでも感じられたはずです)戦術面で埋め合わせが出来なかった監督の責任は大きかったと思われます。特に個の力では負けていなかっただけに本当に残念な所です。

 

3位決定戦はメキシコ戦。前回戦った時とはまるで別のチームに変わっているので明確な対策を立てずにぶつかると返り討ちに合う可能性は高いです。ただ今までの戦いを考えるとやはり個の力に頼る他ないのは事実で個々の踏ん張りに欠ける他無さそうですすが、、、。兎に角選手にはエールを送っていきたいと思います。

 

では

 

【公式】アディダス adidas 返品可 サッカー サッカー日本代表 2020 レプリカ ホーム ユニフォーム / Japan Home Jersey メンズ ウェア・服 トップス ユニフォーム 青 ブルー ED7350 notp

 

【公式】アディダス adidas 返品可 サッカー サッカー日本代表 2020 キッズ ホーム レプリカ ユニフォーム / Japan Home Kids Jersey キッズ ウェア・服 トップス ユニフォーム 青 ブルー ED7345 notp