きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

U-24日本vsU-24メキシコ~今一度真摯に~【サッカー】

再びメキシコとの再戦。予選とはまるで違うチームになっているので、相手チームの対策に対しての対策が出来るのか注目です。

 

ということで先日行われたU-24日本vsU-24メキシコの感想です。

f:id:kichitan:20210807113912j:plain

出典:スポニチ sponichi annex

f:id:kichitan:20210807114239p:plain

 

①ビルドアップを阻害

日本は予選と同様相馬を左ウイングに起用した守備4-4-1-1の4-2-3-1を採用、一方メキシコは予選と同様守備4-1-4-1の4-3-3を採用していました。

メキシコは日本対策をしていました。1トップがコースを限定させ、ダブルボランチを押さえる守備で日本のビルドアップを阻害。日本は予選では剥がすことは出来たものの疲労困憊の中ではそれも限界で、ボールロストからのショートカウンターを繰り出されることになります。そしてその展開から遠藤がPKを与えてしまい日本が先制されます。

さらにセットプレーから追加点を与えられた日本は反撃に出たい所ですが、攻撃の型が決められていない日本はライン間に現れる堂安、久保の打開力に頼る他ありませんでした。ただ守備はメキシコのビルドアップが予選と構造が変わっていなかったので機能し、後半戦での攻撃面の修正が待たれます。

 

②メダル獲得ならず

後半日本は旗手を投入し久保、堂安のサポートに回ることになりますが、ビルドアップでの苦戦は変わらず、ボールロストからのカウンターでピンチを与えてしまいます。

そして再度セットプレーから失点し難しい3点差に。日本は上田、三笘を投入して反撃に出て二人で作った決定機も、メキシコGKのオチョアがビッグセーブ。ただ僅かながららしい動きを随所に見せ輝きを放った三笘が、素晴らしい切り返しからのゴールで一矢報いるも反撃もここまで。日本はメダルを獲得することは出来ませんでした。

 

③今一度真摯に

日本は前半明らかにメキシコが狙っていたビルドアップの弱点を突かれ失点することに。さらに型が少ないので対応することが出来ず予選のように個で剥がそうにも明らかに疲れがありセットプレーで失点と、悪夢のような前半でした。

また後半もビルドアップの修正が行われず、メキシコが引いてきた時も段階的に相手守備を崩すことが出来ず個の力に頼る他なく三笘の個人技による1点のみに留まり敗戦することになりました。

スペイン戦で危惧したように対策に対する対策が出来なかった森保監督の悪い所が見事に出てしまった試合でした。

確かに選手は健闘しました。嵌りきった状態でも何とかボールを前に運び、守備でも非常に献身的でした。また今試合では失点に関与したものの遠藤のそれまでの働きは称賛に値するもので、彼がいなかったらここまではたどり着けなかったでしょう。

kichitan.hatenablog.com

 

しかしその個を助ける戦略、戦術がまるで無く、終始個に頼るサッカーには限界があり、アジア杯のカタール戦、コパアメリカチリ戦、親善試合ベネズエラ戦、E-1韓国戦、五輪スペイン戦、そして今回のメキシコ戦等、主な敗戦の全ては「戦術の無さ」が原因です。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

恐らくこのまま個の力でアジア最終予選に向かっていくのでしょうが、このメンバーを揃えながらも内容・結果共に残せなかったのは正直不安でしかなく、今一度真摯に根本的な部分を見直す必要があります。流した選手の涙が無駄にならなければいいのですが、、、。

あとは厳しい日程の中最後まで戦った選手の皆さん、本当にお疲れさまでした。

 

では

 

サッカー日本代表 2020 アウェイ レプリカ ユニフォーム 半袖 【adidas|アディダス】サッカー日本代表レプリカウェアーgem13-ed7352

 

【公式】アディダス adidas 返品可 サッカー サッカー日本代表 2020 レプリカ ホーム ユニフォーム / Japan Home Jersey メンズ ウェア・服 トップス ユニフォーム 青 ブルー ED7350 notp