きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

食蜂操祈~常盤台中学の「女王」~【とあるシリーズ】

※ネタバレ有り

 

今回はとあるシリーズの登場人物「食蜂操祈」についてアニメ版の範囲のみで、出来るだけ書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20210110122549j:plain

出典:GAMY

①常盤台中学の「女王」

御坂美琴と同じく常盤台中学に所属していて、学園都市の7人しかいない超能力者(レベル5)の第五位。派閥に興味の無い美琴と違い、最大派閥を作りその頂点に位置する常盤台中学の「女王」です。

金髪に星形の瞳孔を持った目を持っており、能力発動時に操られた人も同じ目をします。またとても中学生とは思えないスタイルをしており、美琴からは本当に中学生と疑われるシーンもあります。

「一応、そぉいうことになってるけどお……私の改竄力で、どぉとでもなっちゃうものねぇ。」

口癖は変な所に「~力」を付けたり語尾に「~だゾ」を付けます。

性格は「人格破綻者」の集まりとも言われているように、登場時は倫理性に欠けた言動や行動は多いものの、話が進んでいくにつれてやや軟化しており(敵には容赦ないですが)レベル5の中では美琴に次ぐ良識を持つ人物です。

「私に口答えするなんてダメなんだゾ。」

 

②心理掌握(メンタルアウト)

能力は心理掌握(メンタルアウト)。学園都市最高峰の精神操作能力で記憶の読心・人格の洗脳・念話・想いの消去・意志の増幅・思考の再現・感情や情報の移植など、精神に関する事なら何でも出来る十徳ナイフのような能力です。

しかも複数人同時に能力をかける事が出来、研究所や学校全般を操ることも可能で、美琴は「とびっきりゲスい能力」と評しています。

使用時には所持しているリモコンを媒体にし操作しますが、これは範囲が広くなりすぎる為の制御装置みたいなものであり、色々キツイ所はあるものの媒体無しでも一応は使えるみたいです。

作中では登録した人物に「心理掌握」を使わせたり、能力を増幅させる装置「外装代脳(エクステリア)」が存在します。

kichitan.hatenablog.com

 

弱点は電磁バリアで能力が通じない美琴のような強力な発電能力者や、動物や機械には使えないことです。

反面身体能力は目の前にあるごみ箱にペットボトルを入れられない、少し走るだけでも息切れするなど低く、(所謂運動音痴)本人もかなり気に知っているようです。

 「ま…まあ御坂さんとは部分的な重さが違うしぃ!そっちは空気抵抗も控えめだから!」

 

③複雑な関係

御坂美琴にはソリが合わず事あるごとに突っかかっており、対立しています。彼女の友人を操作した場合は流石に美琴も黙っておらず、掴みかかる場面も。

しかしその要因は能力が効かない人物=信用できないという認識があるだけで心底嫌っている訳ではなく、度々協力し合う場面も多いです。 

kichitan.hatenablog.com

 

上条当麻とは何かしら面識がある描写があり、デレる場面もあります。しかし詳しくはアニメ本編では語られておらず複雑な関係そうなので今後の楽しみになりそうです。

「自分が当事者だったら王子様に見えちゃうんだから、女って勝手よねぇ。」

kichitan.hatenablog.com

 

今後もメインキャラとして登場の機会が多そうな人物です。

 

では

 

【アルター】とある科学の超電磁砲T 食蜂操祈 スク水ニーソVer.【2022年2月発売】[グッズ]

 

とある科学の超電磁砲T ぷちちょこアクリルキーホルダー【食蜂操祈】