きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

トッテナムvsチェルシー~ライバルを一蹴~【サッカー】

モウリーニョ監督vsトゥヘル監督、名将同士の戦いが注目されます。

 

ということで先日行われたトッテナムvsチェルシーの感想です。

f:id:kichitan:20210205123900j:plain

Getty Images

両チームのスタメン

トッテナム
GK:ロリス
DF:オーリエ、アルデルヴァイデルト、ダイアー、ベン・デイビス
MF:ベルフワイン、シソコ、ホイビュア、エンドンベレ
FW:カルロス・ヴィニシウス、ソン・フンミン

 

チェルシー
GK:エドゥアール・メンディ
DF:アスピリクエタチアゴ・シウバ、リュディガー
MF:リース・ジェームズ、ジョルジーニョ、マウント、コバチッチ、マルコス・アロンソ
FW:ハドソン・オドイ、ヴェルナー

 

トッテナム 0-1 チェルシー

ジョルジーニョ(前24)

 

トッテナムの守備に対応

トッテナムは4-2-2-2で中盤4人がマンマーク気味に(サイドハーフチェルシーボランチセンターハーフがマウント、オドイ)守らせ、センターバックを1枚余らせるシステムを起用していました。一方チェルシーウイングバックにリース・ジェームズを起用しマウントをトップ下の位置に配置しました。

試合はチェルシーがボールを保持し、トッテナムがロングカウンターを狙う形で始まりましたがチェルシートッテナムの守備に対応したのか、右サイドを起点に攻めます。そこで輝いたのはアスピリクエタで、ソンが付ききれない位置でボールを保持しPKを導くフィードを放ちチェルシーに先制点をもたらしました。守備でもカウンターの起点を上手く潰しており前半の功労者とも言えます。

kichitan.hatenablog.com

 

一方トッテナムはファーストプランの瓦解で後手後手に回ることが多かったです。特にウイングバックサイドバックが引っ張られることで、ハーフスペースを悉く開けてしまいヴェルナーに突かれることも多々ありました。チアゴ・シウバの負傷というアクシデントもありましたが、そのまま前半を終えます。

 

会心の勝利

後半トッテナムはハイプレスを用いて、高い位置からのボール奪取を試みました。しかしここで輝くのがチェルシーの両センターハーフで、レイオフや個人での剥がしでプレスを躱していました。また周りの選手達のポジショニングも素晴らしく、チェルシーらしからぬ連動したパスワークを見せておりトッテナムのハイプレスを無効化していました。

トッテナムもラメラ、ルーカスを投入しますが、ビルドアップが詰まってしまい、ボールをスムーズに前に運ぶことが出来なくなりタイムアップ。トッテナムは3連敗を喫し、チェルシー会心の勝利を挙げることが出来ました。

 

③ライバルを一蹴

トッテナムはケインの巨大な穴が埋まりません。今回起用されたヴィニシウスも高さがありポストプレーも安定していますが、味方を生かすタッチダウンパス、スペースメイク、守備などでは大きく見劣ります。いい選手であることは間違いないですが、ケインの仕事を求められるのは酷です。今後もこの「ケインの幻影」にモウリーニョ監督は苦しまされるでしょう。

kichitan.hatenablog.com

 

対するチェルシーはまさかここまでチームをいい意味で変えるとは思いませんでした。何より臨機応変さが非常に光ります。選手達のポジショニングの変化、ハイプレスの対処法、個々の得意な所の配置などを「リアルタイム」で行える采配は脱帽ものでした。

戦力は十分にある為、今後のチェルシーは本当に楽しみです。

 

まずは「ライバル」トッテナムを一蹴したトゥヘルチェルシー、今後の戦い方も注目していきたいです。

 

では

トッテナム レトロ Tシャツ(ネイビー)【NIKE/ナイキ】【サッカー ウエア】(CN8527-429)【店頭受取対応商品】

 

チェルシー 20-21 GFA フリース プルオーバー フーディー&パンツ 上下セット CL(ブルー×ネイビー)【NIKE/ナイキ】【サッカー スウェット パーカー】(CK9362-471&CK9374-498)【店頭受取対応商品】