きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

マンチェスターユナイテッドvsリヴァプール~流石の千両役者っぷり~【サッカー】

 再びこのカードが実現。激しい戦いが予想されます。

 

ということで先日行われたFAカップ4回戦、マンチェスターユナイテッドvsリヴァプールの感想です。

f:id:kichitan:20210125115638j:plain

Getty Images

両チームのスタメン

マンチェスターユナイテッド
GK:ヘンダーソン
DF:ワン・ビサカ、リンデロフ、マグワイア、ショー
MF:グリーンウッド、マクトミネイ、ファン・デ・ベーク、ポグバ、ラッシュフォード
FW:カバーニ

 

リヴァプール
GK:アリソン
DF:アレクサンダー・アーノルド、リース・ウィリアムズ、ファビーニョ、ロバートソン
MF:ワイナルドゥム、チアゴミルナー
FW:サラー、フィルミーノ、カーティス・ジョーンズ

 

マンチェスターユナイテッド 3-2 リヴァプール

グリーンウッド(前26)ラッシュフォード(後3)ブルーノ・フェルナンデス(後33)、サラー(前18)(後13)

 

①前回と同様

ユナイテッドはチアゴを抑えた4-4-1-1からサイドバックの裏を狙ったカウンターを採用、一方リヴァプールは4-3-3でミルナー、カーティス・ジョーンズを起用していました。試合は前回と同様高い強度でボールが行きかっていましたが、フィルミーノのパスからサラーがゴールを挙げリヴァプールが先制します。

同点に追いつきたいユナイテッドですが、カウンターからグリーンウッドがすかさず同点ゴールを挙げ振出しに戻ります。

リヴァプールはワイナルドゥムの動きが光る右サイドに比べて、左はカーティス・ジョーンズがロバートソンの進路を塞いでしまいダイナミックな展開が出来ません。ミルナーがバランスを保とうとはしていましたがそのまま前半を終えます。

 

②流石の千両役者っぷり

後半いきなり試合が動きます。中盤の潰しからのカウンターでラッシュフォードがゴールし、早々に逆転します。しかしその直後ショートカウンターからサラーが2得点目すかさず追いつきます。

その後ユナイテッドはブルーノ、フレッジを投入、リヴァプールはマネを投入し局面の打開を図ります。

そしてその瞬間がついに訪れます。ゴール手前でのFKをブルーノが直接決めてユナイテッドが突き放し、流石の千両役者っぷりを見せます。ボールを何度も置き直したのが功を奏しました。リヴァプールはオリギ、シャキリを投入しますが力及ばず、ユナイテッドが5回戦に進むこととなりました。

 

③コンディションの良さを改めて証明

ユナイテッドは選手のコンディションの良さを改めて証明することとなりました。特にこの試合で目立ったのはポグバで、ボール奪取からのスイッチャーとしての働きを継続的に行い中盤に絶大な強度をもたらしました。またカバーニの献身的な動きも称賛に値します。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

一方リヴァプールはやや前半は左、後半は右の攻撃が詰まっているのが気になる所です。センターバック陣の離脱で本来中盤で使うヘンダーソンファビーニョを起用できないのも大きいですが、ジョタの離脱&他選手が殻を突き破れない前線もフィルミーノに明らかな疲れが見えており気になる所です。残りの移籍期間も含めてリヴァプールがどのような動きを見せるのかが注目です。

 

では

 

 

マンチェスターユナイテッド ZNE ジャケット リアルレッド 【adidas|アディダス】クラブチームウェアー61395-gn4757

 

マンチェスター・ユナイテッド フットボールクラブ Manchester United FC オフィシャル商品 ナップサック ジムバッグ 【楽天海外直送】