きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

2020~2021シーズン 夏の移籍マーケット総括 アーセナル~ラストピース~【サッカー】

今回は主要欧州リーグの2020~2021シーズン夏の移籍マーケット総括について書いていきたいと思います。

  

移籍マーケット終了時の感想と今後の戦い方について書いていきたいと思います。

 

2回目は「アーセナル」です。

 

f:id:kichitan:20201007113236j:plain

Getty Images

過去特集はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

 

※赤字は新規確定情報です。

主な加入選手(2020 10/5現在)

ウィリアン(←チェルシー

ガリャンイス(←リール)

ダニ・セバージョス(←レアルマドリード

サリバ(←サンテティエンヌ

エルネニー(←ベジクタシュ

トーマス(←アトレティコマドリード

 

主な放出選手(2020 10/5現在)

マウロパノス(→シュツットガルト

ムヒタリアン(→ローマ)

マルティネス(→アストンビラ

トレイラ(→アトレティコマドリード

ゲンドゥジ(→ヘルタ・ベルリン

 

ガナザウルス(→??)

 

①ラストピース

開幕戦から好調で、昨シーズン後半の巻き返しは勢いだけではないことがわかります。しかしその中でアルテタ監督は「中盤の強度」に不満を持っていたらしく、レンタルバックで構想外とされていたエルネニーを起用し解消しようと図っていました。ただ予想外の活躍をしたものの圧倒的な存在とは言えず、タイプ的に彼一人なので層にも問題がありました。そして移籍期日最終日、立ち消えになったとされた移籍が成立します。

アトレティコマドリードのトーマス獲得。強度とダイナミズムどちらもワールドクラスのセンターハーフはチームの「ラストピース」とも言える獲得で、レギュラーだけを見たらプレミアリーグ制覇も夢ではないスカッドが完成しました。

有力視されていたリヨンのアワール獲得は本人の意向もあり立ち消えになりました。

  

②余剰戦力の整理

一方余剰人員の整理も行われました。戦術上使いづらく出番を極端に減らしたトレイラ、ゲンドゥジを放出し、レギュラーでプレー出来る環境を求めていたマルティネスはアストンビラに移籍しました。

また余談ですがマスコットキャラ「ガナザウルス」が契約解除され、大荒れする事態にもなりました。観客が入るようになれば復活するということなのですが、ファンの方は気が気ではないかと思います。

日本で言うと「つば九郎」「トラッキー」がクビになったようなものですからね。

 

③あの大物は、、、

しかし「大物」エジルの去就は終ぞ決まりませんでした。前述したガナザウルスの給料を負担すると言っていることから本人のクラブ愛は変わらないみたいですが、現状試合で見ることは無さそうです。

 

kichitan.hatenablog.com

 

しかしアルテタ監督はラカゼットやナイルズでもあったように、あまり好き嫌いで起用を決めずコンディションと戦術でメンバーを決めている感があります。

その為しっかりとコンディションさえ戻れば起用される可能性は十分にあるとは思います。ただそれまでに不満を溜め込みマスコミに吐露しなければいいですが、、、。

 

プレミア優勝をも狙えるスカッドを手に入れたアーセナル。楽しみです。

 

では