きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

とある魔術の禁書目録Ⅱ 後半 ~木原神拳~【とあるシリーズ】

※ネタばれ有

 

今回はアニメ「とある魔術の禁書目録 Ⅱ」について書いていきたいと思います。
1回では書ききれない為、2回に分けていきます。

 

f:id:kichitan:20200514171449j:plain

出典 blog.goo.ne.jp

前半はコチラ ↓↓ 

kichitan.hatenablog.com

 

 

①女王艦隊

舞台はイタリアの「水の都」ベネツィア。運よく?海外旅行のチケットを手に入れた上条当麻はインデックスと共にイタリア旅行に向かうことに。保安検査に引っ掛かるインデックスが何とも可愛いです。

そこでオルソナと天草式十字凄教に会いますが、謎の襲撃に逢います。かつて戦ったシスター・アニェーゼが捕らわれ魔術に利用されてしまうことを知った当麻たちは、オルソナ・天草式と共に救出作戦を行います。若本規夫さん演じるビアージオをぶん殴り阻止する上条当麻ですが重傷を負い、強制的に日本送還されます。

・動き出す「神の右席」

・明確になりつつある科学vs魔術

・上条派?の増強と危険性

が描写されています。

 

②木原数多(けんきゅうしゃ)

遂に科学vs魔術が激突します。神の右席「前方のヴェント」が動いた魔術、木原一族「木原数多」(CVは藤原啓二さん)が動く科学、それを止めようとする上条当麻とインデックス、ラストオーダーを助ける為に動くアクセラレータ、役者は揃いました。

そして学園都市(アレイスター)はヴェントを倒す為に虚数学区・五行機関(ヒューズ=カザキリ )を発動します。「ともだち」を救う為にインデックスが取った行動は、、、。

結果、力を削がれたヴェントは上条当麻に敗れ、通称「木原神拳」を使いアクセラレータを追い詰めた木原数多は謎の黒翼を発現した彼によりお星様になりました。そしてインデックスの歌によりラストオーダーを一時的に救い事件は収束に向かいます。

しかし「0930事件」と呼ばれたこの事件は新たな大事件を引き起こすトリガーとなっていくのでした。

・神の右席の能力・特徴

・学園都市(アレイスター)の目的

・「仕組まれた」事件

が描写されています。

 

武装集団(スキルアウト)

「0930事件」の行動により暗部組織に組み込まれることになったアクセラレータは土御門元春、海原光貴、結標淡希の所属する「グループ」に所属します。

任務は「スキルアウトの制圧」。多少苦戦はするもののアクセラレータはリーダー「駒場利徳」を討ちますが全てある「女の子」を守る為でした。そしてアクセラレータはサービス残業を行うのでした。

「0930事件」後、学園都市が戦争に向かっていると感じた子供の保護者が、取り戻そうとする動きが起こってきます。その中心人物の一人が御坂美琴の母「御坂美鈴」でした。しかし学園都市はスキルアウトに襲撃させます。そこに居合わせたのが上条当麻、そして「3人目のヒーロー」浜面仕上です。浜面は上条に敗れ、美鈴は守られます。

1話ながら非常に濃い内容となっています。

・学生中心の暗部組織の存在

・スキルアウトの状況

・戦争に向かう学園都

が描写されています。

 

では