きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

トニ・クロース 前編~衝撃のデビューを果たすも~【特集改訂版】

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

今回は今シーズン限りの引退を表明したトニ・クロース選手について書いていきます。


1回では書ききれない為、3回に分けていきます。


1回目はバイエルンバイエルン(2007~2012)時代です。

Getty Images

過去記事はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

 

①衝撃のデビューを果たすも

クロース選手は地元クラブのグライフスヴァルダーでサッカーを始め、弟と共にハンザ・ロストックの下部組織に移籍。その後欧州ビッグクラブの下部組織が行う大会で注目されチェルシーからの誘いもあったものの、毎年1軍がロストックで遠征試合を行なうことを条件にバイエルン・ミュンヘンのユースに加入する事となります。

バイエルン加入後は瞬く間に頭角を現し、1軍の練習に参加する事に。そして2007年にブンデスリーガデビュー戦では僅か18分の出場で2アシストを記録する衝撃的デビューを果たしその能力の高さを証明します。

その後バイエルンは個人インタビューを無期限に禁止し、手厚くサポートし彼の成長をアシスト。しかし当時はゼ・ロベルトリベリーシュバインシュタイガートップチームの壁は厚く2009年1月にレバークーゼンにレンタル移籍する事になります。

kichitan.hatenablog.com

 

②レンタル先で大ブレイクし復帰

するとハインケス監督にその才能を見出されたクロース選手はその才能を発揮。2009-2010シーズンは開幕からレギュラーとしてプレーし攻撃陣を引率。特にキースリンクとのホットラインは相手DFの脅威となり見事リーグ戦無敗で冬の王者に輝きます。

しかし彼らと共に躍進を支えていたロルフェスが怪我で長期離脱を余儀なくされるとトーンダウン。重要な時期に勝利から見放されると、結局は4位でフィニッシュ。

それでもクロース選手はトップ下でプレーしキャリアハイとなる9ゴールをマークし、翌年にバイエルンに復帰。

ただ復帰後もミュラーの台頭もあり完全にレギュラーを掴むには至らず1シーズンを過ごす事に。しかし2011-2012シーズンに恩師ハインケス監督が就任すると、中心選手として重用されることになり確かな存在感を示す事になります。

 

③まだ目立った活躍を見せることは出来ずに

ドイツ代表には各年代でプレーし、2007 FIFA U-17ワールドカップではチームは3位になるものの大会MVPに選ばれる程の活躍を見せます。

そして2010年にA代表デビュー、クラブでの活躍もあり2010年南アフリカW杯のメンバーに選ばれグループリーグ3戦目のガーナ戦で途中出場し貴重な経験を積みます。

ただその後もエジルの存在もあり中々レギュラーとしてプレーすることが少なく、ユーロ2012でも途中出場が大半。しかし準決勝のイタリア戦ではエジルサイドハーフで起用された為レギュラーとして出場。ただこの試合ではバロテッリの2発に沈み大会を去ることとなり代表ではまだ目立った活躍を見せることは出来ずにいました。

kichitan.hatenablog.com

 

では

 

レゴ ミニフィギュア ドイツサッカー代表 シリーズ トニ・クロース | lego 71014 ミニフィグ

 

クロース【SCW 】【SCWフィギュア5体より送料無料】トニ・クロース ドイツ代表 2022 フィギュア【サッカー/レアルマドリード/スペインリーガ/Kroos】