きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

旗手怜央~日本屈指のポリバレントプレーヤー~【特集】

今回はセルティック所属の旗手怜央選手について書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20220209114719j:plain

Getty Images

経歴

旗手選手は順天堂大学を通して2020年に川崎フロンターレに入団。すると入団初年度から主力としてプレー。様々な所で起用できるユーティリティー性を武器にチームの優勝に貢献。2021年のJリーグでは主にサイドバックインサイドハーフとしてプレー。持ち前のユーティリティー性に合わせてポリバレント性も持ち合わせ、主力が抜けた川崎を連覇に導く活躍を披露。2021年のベストイレブンに選出されました。

そして冬の移籍マーケットでは前田、井手口選手と共にスコットランドリーグの名門セルティックに入団。オールドファームダービーで2ゴール1アシストの大活躍を果たし早くも欠かせない選手になりつつあります。

代表では2021年のW杯予選に初選出。今後の代表では中軸としての活躍が期待されます。

 

①日本屈指のポリバレントプレーヤー

旗手選手は「日本屈指のポリバレントプレーヤー」とも言えます。

元々判断力の高さで注目された選手ですが、川崎のサッカーに揉まれどこのポジションでも自身の技術の高さ、そしてタイミングの良いオフザボールを生かしての攻め上がりを行い、時には自身でゲームメイクや期を見たミドルシュートと、プレーする事でチームの質を劇的に高めることが出来ます。特に川崎時代は三笘との相性が非常に良く、外に張る三笘→中央に侵入しスペースメイクする旗手のコンビネーションは相手守備陣を度々混乱に陥れました。

ポジションを選ばずスペースメイクやゲームメイクをこなせるサッカーIQが非常に高い選手であると言えます。

 

②良さを知って継続して使われる環境が必要

反面純粋な突破力やフィジカル面は心もとなく、切り替えの守備も激しいながら強度はそれほどありません。その為日本代表など「個の力」を求められる場所では起用を躊躇われる所はあります。

ウイングではトランジションの鬼の南野選手、スピードと献身性の原口選手、ドリブルと共有力の三笘選手の存在。ボランチでは攻守での強度の高い守田選手、そして左サイドバックでは運動量と粘り強い守備の長友選手、対人守備とキック精度の中山選手とライバルが強力で、森保監督が率いる現状では序列は低くせざるを得ないでしょう。

kichitan.hatenablog.com

 

また川崎のように組織が整備されていないので、瞬間的な突破や強度を求められる球際を作られやすいのも苦しい所です。

 

③将来的には中核を担う選手に

正直旗手選手は将来的には日本の中核を担える選手になるでしょう。現状セルティックでは自身を信頼してくれるポステゴグルー監督の元持ち味を存分に発揮し、今やチームに無くてはならない選手となっています。

kichitan.hatenablog.com

 

特にスコットランドというフィジカル重視のサッカーを行うリーグで戦えているのは十分アピールになり、将来的には更なるステップも期待出来る選手です。

ただ率いる監督次第で大きく評価が変わる選手であるので(見方によっては器用貧乏に見られがちです。)、今後移籍する際はチーム選びを間違えないようにしたい所です。

 

何処でも使える器用な選手と見るか、起用するだけで質を上げる存在と見るかで大きく評価が変わる旗手選手。これからの活躍にも注目です。

 

では

 

セルティック フットボールクラブ Celtic FC オフィシャル商品 マフラー クラブスカーフ 【海外通販】

 

(セルティック フットボールクラブ) Celtic FC ユニセックス オフィシャル商品 ポンポン帽 ニット帽 キャップ 冬 【海外通販】