きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

日本vsオーストラリア~「勝利」のみが残った試合~【サッカー】

後が無くなった日本代表。相手はグループ首位のオーストラリア、正念場です。

 

ということで先日行われた日本vsオーストラリアの感想です。

f:id:kichitan:20211013135251j:plain

AP

日本の布陣&結果はコチラ

f:id:kichitan:20211013135900p:plain

 

前半

日本は森保監督では初採用となる守備4-1-4-1の4-3-3を採用、一方オーストラリアは守備4-4-2の4-3-1-2を採用していました。

試合は3ボランチの流動的なポジショニングが光る日本がボールを保持します。すると南野のクロスの処理ミスを拾った田中碧がゴールにねじ込み、待望の先制点を挙げます。さらに相手のビルドアップが幅が取れず距離感もバラバラであった為、パスカットからのショートカウンターで次々とチャンスを作っていきます。特に伊東の突破は非常に可能性を感じました。

ただオーストラリアのロングボールやクロスからの攻撃は脅威で、後半に向けて修正していきたい所です。

 

後半

後半両チーム戦い方はあまり変わっていませんでした。すると大迫が負傷で古橋と交代し起点を失うとオーストラリアのカウンターが鋭さを増していきます。そして日本のスライドが間に合っていないうちにカウンターを喰らい守田がペナルティエリア付近でファウルを与えてしまうと、フリーキックを直接決められ同点に追いつかれます。

追加点が欲しい日本ですが南野を浅野に代えて古橋を孤立させてしまい前線に飛び込ませる選手が不足。柴崎、中山を投入するも刻々と時間が過ぎます。しかし飛び出した浅野のシュート(クロス)が最終的にDFに当たり勝ち越しゴールを決め、そのまま試合終了。何とかホームで勝ち点3を奪うことが出来ました。

 

総評

正直「勝利」のみが残った試合でした。前半は良いサッカーを行っていたと思います。3ボランチが距離感良く中盤を支配し、特に田中碧は先制点を放ち攻守において強度を見せ素晴らしい働きを見せました。また伊東はカウンターでサイドから突破を見せる等キレのある動きを見せました。

しかし早い時間帯で得点を奪えなかったらと考えると、張った位置から仕掛けるのが強みの伊東がハーフスペースを取っていたことで機能不全に陥ることが考えられ、かなり厳しかったと思います。

kichitan.hatenablog.com

 

また後半はやはり森保監督の明らかに不明瞭な交代(点が欲しい場面での古橋の近くでプレー出来る南野を浅野に交代)があり攻撃が逆に行き詰まる等、これまでと同様勝つための采配が出来ているとは思えませんでした。(ボランチ1枚を削り投入するか、オナイウを入れて起点を作る等やりようがあったはずです。)

kichitan.hatenablog.com

 

その中でも柴崎選手は短い時間ながらもインサイドハーフとしての可能性を示し(右ならより良いのかもしれません)好プレーを見せました。

 

そして今後は4-3-3を使えという声が大きくなりそうですが4-3-3はビルドアップの型が作りやすい反面、4-1-4-1になる守備はしっかりと整備しないとかなり難しく、相手が良かった部分は大いにあります。(特に前線とアンカー周りの守備)そう考えればやはり今いる選手のプレースタイルや調子を見極めてのシステムの使い分けが必要になってきます。

ただ今までの経緯で森保監督にいきなりそれが出来るとは思えず、厳しい状況は今後も変わっていかない可能性は極めて高いと思われます。

 

ただ「勝った」結果のみが評価される試合。国歌斉唱で涙を流す森保監督、本当にいい人であるのは分かりますし伝わります。しかし過去最高とも言えるこのメンバーでW杯に出場しベスト8に進出するためには余りにも力不足が目立ち、アップデートも見せていません。

次の予選まであと1ヶ月、日本サッカーの未来の為にも変化が必要ではないのでしょうか。

 

では

 

【公式】アディダス adidas 返品可 サッカー サッカー日本代表 2020 レプリカ ホーム ユニフォーム / Japan Home Jersey レディース メンズ ウェア・服 トップス ユニフォーム 青 ブルー ED7350 notp

 

アディダス(adidas) キッズ JFA サッカー日本代表 2020 ホーム ユニフォーム ファンアイテム GEM06-ED7345 スカイブルー (キッズ)