きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

浅野拓磨~ジャイアントキリングの立役者に~【特集】

今回はボーフム所属の浅野拓磨選手について書いていきたいと思います。

Getty Images

経歴

浅野選手は三重県立四日市中央工業高等学校から2013年、サンフレッチェ広島に入団。入団してか2年間は中々芽が出ずにいましたが、2015年にインパクトプレーヤーとして活躍しベストヤングプレイヤー賞を受賞します。

翌シーズンも歴代最長の33試合連続途中出場を果たすなどこれから主力としての定着が期待されましたが、2016年にアーセナルイングランド)に完全移籍します。

その後シュツットガルトハノーファー(共にドイツ)とレンタル移籍を繰り返しますが結果を残すことが出来ず、パルチザンセルビア)に完全移籍します。

すると2019-2020シーズンこそは消化不良に終わるものの、翌シーズンはオフザボールと相手を背負うプレーに劇的な良化を見せ、自身初のハットトリックを決める等18ゴールを記録し一気にブレイク。しかし給与の未払い等の理由でパルチザンとの契約解除を発表する等、最後はドタバタする形でボーフム(ドイツ)に移籍します。

kichitan.hatenablog.com

 

しかし迎えたボーフムでは3得点と沈黙するもその献身性を買われチームに残留。2022-2023シーズン前半は膝の内側側副靭帯を負傷し大半を棒に振っており後半戦での活躍が期待されます。

日本代表では2015年のE-1サッカー選手権で初招集、初出場。その後AFC U-23選手権2016、リオデジャネイロオリンピックでの活躍を経て、かつて師事していた森保監督の下コンスタントに代表に選出。2022年カタール大会でも怪我で離脱していながらも選出される等、指揮官の信頼が厚い存在です。

 

①高い俊敏性とスピード、そして献身性

浅野選手の特長は高い俊敏性とスピード、そして献身性です。

そのアジリティとスピードは圧倒的で、裏を取る事が出来ればその加速力を生かして一気に相手DFを置き去りにしてしまいます。またパルチザン移籍後はポストプレーやターンにも磨きがかかる等ゴールパターンも増やしており、裏抜け一発だけの選手では無くなりつつあります。

kichitan.hatenablog.com

 

また献身性も非常に高く、自慢のスピードを行い積極的にフォアチェックを行います。特にU-23選手権2016、リオデジャネイロ五輪での彼のプレスはチームの大きな武器となっており、守備でも十分貢献が見込める選手と言えます。

 

②全体的な判断力

反面全体的に判断力には課題があり、裏抜けのタイミング、そしてオンザボールでの選択を間違うことが散見されます。

また細かい技術や抜群のシュート精度を兼ね備えている訳ではないので、彼の力を最大限発揮させるにはカウンターの場面に限定され、守備を固める相手には苦しむ傾向にあります。

また単独でのフォアチェックには長けているものの守備のスイッチ役を担うには味方のサポートが不可欠でやや「個」を前面に押したプレースタイルとなっています。

 

ジャイアントキリングの立役者に

浅野選手は今回のW杯前に負傷、まだ練習すら再開していない状況という事でその状態が気になる所でした。(町野選手の追加招集は彼の状態が思わしくないと考えたほどです。)

kichitan.hatenablog.com

 

しかしカナダ戦では先発で起用されプレー出来る算段が立つと、初戦のドイツ戦では素晴らしいトラップとシュートで名手ノイアーのニアサイドをぶち抜くスーパーゴールを挙げ、ジャイアントキリングの立役者に。今や時の人となっています。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

恐らく復帰を早め、さらに試合に耐えうる強度を取り戻すために相当なリハビリとトレーニングを繰り返していたと思われ(膝の靭帯損傷は彼のようなスピード型の選手にとっては致命的ともなり得る怪我となっています。)、彼のW杯への思い、そして不断の努力には頭が下がります。

 

一躍日本のヒーローとなった浅野選手。残り試合でもジャガーポーズを見せる活躍を期待しています。

 

では

 

【ポイント10倍】アディダス サッカー日本代表 2022 ホーム レプリカ ユニフォーム マーク入り1 hf1845 【adidas|アディダス】サッカー日本代表レプリカウェアーsx012-mark1

 

アディダス サッカー日本代表 2022 アンセムジャケット 【adidas|アディダス】サッカー日本代表ウェアーm9409