きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

ペルソナ4ゴールデン-巽完二-~漢の花道~【ペルソナシリーズ】

※ネタバレ有り

 

今回はペルソナ4ゴールデンのキャラ「巽完二」について書いていきます。

 

f:id:kichitan:20201009112834j:plain

 

①不良少年

中学時代に暴走族を一人で潰したと噂されている不良少年。主人公にとっては後輩にあたります。金髪オールバックでドクロ柄のTシャツ、肩から学生服をかけるといった明らかに怖がられる服装をしており、出会ったばかりの頃は相当ビビられています。

残念ながらシャイニングフィンガーは放てません。

TVで報道されてしまったことでマヨナカテレビに投げ込まれ、主人公達に救出されます。その後律儀な性格もあり主人公に協力することになります。

位置的には「後先考えない後輩」ポジションであり、度々暴走も起こしますが膠着状態を打破するきっかけを作ったりもします。特に白鐘直斗関係では、本人が好意を抱いていたこともあり熱い展開になることも多く非常に「らしい」姿を見ることが出来ます。

久慈川りせとは同級生ながらケンカ友達といった関係です。

 

②可愛いもの好き

シャドウはふんどし一丁でサウナに突撃しており、アッー!な感じ丸出しにしてパーティーを戦慄させます。

その本心は、元々可愛いもの好きで編み物が得意という外見にそぐわない女々しさに苦悩しており、外見が男性の白鐘直斗に一目ぼれしたことで爆発してしまったとのことです。完全な誤解ながらこの出来事がきっかけで主人公、陽介は度々身の危険を感じている描写があります。

「やりたいコトやりたいって言ってなにが悪い~?ボクはキミのやりたいコトだよ♪」

アトラスさん気合入れすぎです、、、。

 

③漢の花道

武器は「鈍器」パイプ椅子や鉄板、看板やベンチすら武器にしてしまいます。

属性は「皇帝」所持ペルソナは、

タケミカヅチ・・・伊邪那岐によって殺された炎神・火之迦具土の血から生まれた神

ロクテンマオウ・・・六道輪廻の世界観において仏道修行を妨げる欲界の第六天「他化自在天」の支配者、第六天魔王波旬

タケジザイテン・・・三界における欲界の最高位。第六天魔王と同一視。

タイプは物理アタッカーで千枝と違い防御に特化したタイプです。反面素早さは低く命中率も安定しません。「雷」の魔法も使えますが威力はあまり期待出来ず、弱点を突いてのダウンを狙う程度です。

またラクカジャは覚えるものの「マハラクカジャ」は習得せず、「イノセントアタック」など強力な攻撃スキルを覚えるものの「チャージ」がレベルアップでの習得不可(但しコミュランクを上げれば習得可能)など色々勿体ないキャラです。しかし雷属性(耐性)は何かと役に立つため使いどころはあるキャラです。

転生スキルは「漢の花道」は敵全体に確率でダウン・気絶を与える効果を持ち非常に強力なスキルですが、習得したころにはクリティカルのダウンを容易に取れる程味方が強力なので微妙なスキルとなってしまっています。せめてもう1ダンジョン早ければ、、、。

合体技は「美女と野獣の狂演」。直斗の使いづらさもあり、やや使いどころが難しかったのであまり見ていません。

 

色々勿体ない所はあるものの育て方によっては補助、攻撃共に活躍できるキャラだと言えます。

 

では

 

【中古】トレーディングフィギュア 巽完二 「ワンコイングランデフィギュアコレクション ペルソナ4」

 

中古■ペルソナ4 ザ・ゴールデン/P4■きゃらとりあ ペルソナ4 ザ・ゴールデン■巽完二 単品■グッズ■アルジャーノンプロダクト