きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

CLプレビュー~アタランタvsパリSG~【サッカー】

今回は迫ってきた準々決勝アタランタvsパリSGのプレビューを書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20200809124305p:plain

Getty Images

 

①苦しい台所事情

休止前にドルトムントを破りベスト8に進出したパリSGですが、現状離脱者が多く苦しい台所事情となっています。

先日のカップ戦でエースエンバぺが負傷、練習は始めているものの万全のコンディションでの出場は困難であると予想されます。

しかしそれ以上に痛いのはヴェラッティの負傷欠場です。攻守の要となりバランスを取る司令塔の離脱は計り知れないものがあり、特に今回の相手はセリエA最強の攻撃陣を誇るアタランタです。チーム全体の守備組織の見直し、構築が不可欠になってきます。

また退団が決まったカバーニ、ムニエ、タンギ・クアシ、累積警告のディ・マリアの欠場が決定、ベルナト、クルザワ、イカルディが負傷持ち、とどめはトゥヘル監督の骨折と困難が続いています。

いかにマルキーニョス、チアゴ・シルバ率いる守備ユニットがアタランタ攻撃陣を抑えられるかがカギになりそうです。

 

②守護神の欠場

独特のマンマーク戦術を使用した攻撃サッカーでセリエA最多得点を記録したアタランタですが、休止前にはバレンシアを粉砕、ご自慢の攻撃陣は欧州の舞台でも猛威を振るっています。反面失点はどうしても多くなる傾向になり、いかに「打ち合い」に持ち込めるかが勝負になっています。

kichitan.hatenablog.com

 

しかしバレンシア戦でハットトリックを記録したイリチッチが精神面の不調で欠場、守護神ゴッリーニが怪我で欠場が決定しています。特にゴッリーニの離脱は非常に大きく代役のスポルティエッロの奮闘に期待がかかります。

しかしカギを握るのはやはりパプ・ゴメス、サパタを中心とする攻撃陣。両ウイングさえもゴールゲッターになるこの攻撃陣がどこまで点を奪えるかが勝負です。

kichitan.hatenablog.com

 

 

③トゥヘル監督の采配

アタランタは離脱者も戦術ベースを変える程でもないので、そのままで戦っていくと予想されますが注目されるのはパリSGのトゥヘル監督の采配です。様々なシステムを使いこなす戦術家の考えは予想が立てづらく楽しみでもあります。

特に今のアタランタは欧州で最も勢いのあるチームの一つです。ドルトムントを丸裸にしたトゥヘル監督の手腕に期待するとともに、アタランタの攻撃がまたしても粉砕するか、注目の1戦です。

 

では