きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

ロメル・ルカク~知性溢れる重戦車~【特集】

今回はインテル所属のロメル・ルカク選手について書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20190826000000j:plain

Getty Images

①知性溢れる重戦車

ルカク選手の特長はやはりそのフィジカル能力でしょう。191㎝ 93㎏と強靭な肉体を持ちながらスピードも速く高い推進力を持つドリブル、スペースに飛び出してのヘディングシュートは破壊力抜群です。

正に「重戦車」と言える選手だと思います。

更に戦術眼にも優れており、スペースメイクやDF陣との駆け引きにも長け、サイドからのクロスも非常に上手いです。

強力な武器を持ちながら戦術的にも動けるストライカーだと言えます。

 

②パートナーの必要性

半面相手を背負ったプレーは苦手としています。ポストプレーは確度が安定せずハイボールの競り合いも積極的ではない傾向があります。

前を向いた状態で力を最大限出来る選手なのでポストプレーに秀でているパートナーやチャンスメイク力の高い選手の存在が不可欠です。

またテクニックにとりわけ秀でているわけではないので狭いスペースの突破などは苦手です。

特にユナイテッド時代は苦手なプレーが求められる起用が多かった&パートナーが定まらなかったので不振に陥ってしまいました。

 

③特長を生かした起用法

一時的でしたがユナイテッド時代ではウイング起用で躍動しました。しかしスールシャール監督はルカクを使いきれず、戦力外としました。本人にも問題はあったとは思いますが戦術的な崩しが出来ないユナイテッドの現状を考えると放出は失敗だったと言えます。

しかしコンテ監督が特長を把握し生かす戦術を取り、ラウタロ・マルティネスという最高のパートナーを得たインテルでは見事に躍動しています。

 

自分を理解してくれる「監督」と「パートナー」を得たルカク選手。知性溢れる重戦車の前進はどこまで続くのでしょうか。

 

では