きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

フィジル・ファン・ダイク~世界最高の守備者~【特集】

今回はリヴァプール所属のフィジル・ファン・ダイク選手について書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20200303164547j:plain

Getty Images

①世界最高峰のセンターバック

高さ・速さ・強さというセンターバックに求められている能力を全て兼ね備えた選手で、抜かれるとニュースになるほどの強さを誇る強靭なフィジカルとスピードを生かした1対1の強さ、セットプレーでも大きな武器になる高さやヘディングの上手さを持ち現在「世界最高峰のセンターバック」と評されている選手です。

また高精度のロングフィード、機を見た運ぶドリブルを使った攻め上がりも強力で攻撃時でも絶大な存在感を示しています。

 

②卓越した頭脳

ファン・ダイク選手の凄さはそれだけに留まりません。

そのフィジカル面での能力の高さだけではなく、卓越した頭脳をも持ち合わせています。特にプレーの判断が正確で前に行く場面、あえて待つ場面の判断力が恐ろしく高く次々と相手選手の選択肢を奪っていきます。相手のプレーを研究し尽くす準備の徹底も怠らない意識の高さも窺い知れます。

また味方へのコーチングも的確で、よく声を張って細かく修正している姿を目にします。味方にとってはこれ程頼りになる選手はいなく、相手にとってこれ程絶望を与える選手はいないでしょう。

 

③避けるのが効果的

目立った弱点は特には見当たらないです。あえて挙げるならややプレス耐性が弱いことで強度の高いプレスを当てられた場合のパスミスが度々あります。しかしセンターバックでプレスを剥がせる選手はそうそういないので明確な課題とはなり得ません。

このことから敢えて「避ける」ことが一番の対策となる場合が多いです。リヴァプールの敗北時には相棒のセンターバックを集中狙いされるパターンが多く、いかに脅威に思われているのかがわかります。

 

目前に近づいてきたプレミアリーグ制覇、そしてチャンピオンズリーグ連覇に向けて欠かせない存在となっているファン・ダイク選手。その「世界最高の守備者」のプレーに今後も注目していきたいです。

 

では