きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

マンチェスターユナイテッドvsブライトン~新体制初陣としての相手が悪かった~【サッカー】

テン・ハーグ新体制初の公式戦となるプレミアリーグ開幕戦。対するはポッター監督の元組織的なサッカーを行うブライトンです。

 

ということで先日行われたマンチェスターユナイテッドvsブライトンの感想です。

Getty Images

両チームのスタメン&結果

 

前半

ユナイテッドはエリクセンを0トップにした4-3-3、対するブライトンは3-3-3-1を採用していました。

試合はララーナがフレッジを押さえ、次々と嵌めていくハイプレスを仕掛けたブライトンが主導権を握っていきます。ユナイテッドはボールの迂回経路が整備されておらずハイプレスの前に次々とボールをロスト。特にフレッジはボールの逃げ所が少なく、格好の的となっていました。

すると中盤のボール奪取からニアゾーンに飛び込んだウェルベックのクロスをグロスが見事に押し込みブライトンが先制します。さらに攻勢を続けるブライトンはマーチのシュートのこぼれ球をグロスが再び押し込んで追加点。

アウェーで大きな2点のリードを奪い前半を終えます。

 

後半

後半ユナイテッドは起点を変える等修正を施しますがあまり効果はありませんでしたが、ロナウドを投入しエリクセンをアンカーにすると流れを徐々に引き込んでいきます。

一方ブライトンも4バックに変更する等対応はしていくもコーナーキックからのクリアがオウンゴールとなってしまい1点を返されると、運動量が落ちた為にプレスが弱まった中盤でエリクセン存分にタクトを振るっていきます。

kichitan.hatenablog.com

 

しかしランプティ、ムウェプを投入し再び5バックにしたブライトンの壁をユナイテッドはこじ開ける事は出来ずそのまま試合終了。

ブライトンの強さが如実に出た試合となりました。

 

総評

ユナイテッドは新体制初陣としての相手が悪かったとしか言いようのない試合でした。

攻撃のエリアの使い方や守備の連動性などは整備されていましたが、ビルドアップのポジショニングはまだまだ発展途上で見事にこの弱みをブライトンに付かれる事になりました。

kichitan.hatenablog.com

 

そんな中でも輝いていたのはエリクセン。慣れないゼロトップはそもそもボールが来なかった為に機能性を見ることは出来ませんでしたが、中盤の底に配置されると見事なまでのゲームメイクを披露。ブルーノとの併用や守備強度を考えると中々使いづらい起用法となってくるでしょうが、今後も是非試しておきたい所です。

一方ブライトンは前半のプレスがものの見事にハマり会心の勝利となり、好スタートを切ることが出来ました。残念ながら三笘の出番が無かったものの(出場出来るシチュエーションでは無かったと言えます。)、今後も非常に楽しみなチームになりそうです。

この試合輝いたのは2ゴールを挙げたグロスウェルベック。前者は攻守においての献身性やプレス回避の上手さを見せ、後者は得点こそなかったものの前線のボールの収め所としては最高の仕事を果たしたと言えます。

 

ホームで敗戦と最悪のスタートを切ったユナイテッド。しかし昨シーズンの惨状からの立て直しは確かに進んでおり(しっかりと規律とやろうとするサッカーが見えており、むしろ対戦相手が悪かったとも言えます。)、もう少し時間を与えてあげるべきであると個人的には考えています。

 

では

 

アディダス マンチェスターユナイテッドFC ホーム レプリカユニフォーム Y BN782-GR3778 ジュニア

 

【8/11 AM1時59分までポイント5倍】日本代表 GOAL 半袖Tシャツ 三笘薫 サッカー日本代表ウェアー22ss-asia-mitoma