きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

チェルシーvsリヴァプール~スコアレスが「奇跡的」に思えるぐらい壮絶な試合~【サッカー】

共に優勝からやや遠ざかっているリーグ(カラバオカップ。久しぶりのトロフィー獲得を懸けたビッグゲームです。

 

ということで先日行われたチェルシーvsリヴァプールの感想です。

f:id:kichitan:20220228133350j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20220228135338p:plain

 

前半

チェルシーは守備5-2-3からのサイドバックの裏を狙ったカウンターを採用、対するリヴァプールはマネをトップにした4-3-3を採用していました。

試合は非常に切り替えの速い展開で進んでいきます。チェルシーは幾度となくカウンターを仕掛けるもリヴァプールのカウンタープレスや両センターバックの対応に阻まれ、マウントの絶好機もケレハーのセーブに止められます。

対するリヴァプールも3トップを3バックに嵌めるハイプレスでチェルシーのビルドアップを阻害し、パスのレンジを生かした揺さぶりを掛けるもマネのシュートがメンディに阻まれる等し得点に至らず前半はスコアレスで折り返します。

 

後半

後半も同様の展開になりますが、マウントのシュートはポストに阻まれる等決定機を生かせません。そしてアスピリクエタが負傷でリース・ジェームズと交代。

そしてリヴァプールフリーキックから最後はマティプが押し込むもオフサイドで無効。チェルシーはヴェルナー、ルカクを投入し打開を図るも、リヴァプールは3人交代で対抗。その後もケレハーやメンディの驚異的なセービングもあり共にゴールは無く試合は延長に入ります。

 

延長&PK戦

延長でも共に譲らない展開が続き、チェルシージョルジーニョ、ケパとPK戦も睨んだ選手交代を行います。

そして試合はPK戦に。共に成功を続けGK同士の対決となっています。ケレハーが決めたリヴァプールに対してケパの蹴ったボールはゴールを大きく外れ試合終了。

リヴァプールが9度目のリーグカップ優勝を果たしました。

 

総評

チェルシーリヴァプール対策を上手く行っていたと思います。リヴァプールが苦手な5バックで守備を固めサイドバック裏を狙うカウンターは高い威力を誇り、幾度となく決定機を作りました。それでも何度か決定機を作られるもメンディが神がかったセーブで止めるとチアゴ・シウバは的確なカバーリングでチームを救いました。

kichitan.hatenablog.com

 

しかしPK戦ではこの為に交代出場したケパがゴールを外す残酷な結果に。彼のメンタルが早く立ち直るのを願っています。

そしてリヴァプールは10年ぶりのリーグカップタイトルを獲得しました。幾度となく決定機を作るも得点には至らずやきもきする状況でしたが結果的にタイトル獲得。マネのセンターフォワード起用はやや嵌らなかったもののそれでも堅守を誇るチェルシー相手で決定機を作る強さは本物で、国内外で今後もタイトルレースを引っ張っていく存在となりそうです。

特にファン・ダイクとマティプセンターバック陣の安定感は抜群で、攻守において活躍を披露。リーグ最高のコンビであることを改めて示しました。

kichitan.hatenablog.com

 

スコアレスが「奇跡的」に思えるぐらい壮絶な試合を繰り広げた2チーム。まだまだタイトル獲得の可能性は両チームに残っているので、今後の戦いも注目していきたいと思います。

 

では

 

チェルシー オフィシャル ミニバーセット【サッカー サポーター グッズ】【スポーツ ホビー】【店頭受取対応商品】

 

【ECM25】【国内未発売】リバプール オフィシャルグッズ イタリアン レザーキーリング 【キ−ホルダー/プレミアリーグ/サッカー/Liverpool/アクセサリー】ネコポス対応可能