きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

糸井嘉男~超人~【特集】

今回は阪神タイガーズの糸井嘉男選手について書いていきたいと思います。

 

f:id:kichitan:20200531113746j:plain

出典:スポニチ Sponichi Annex

昨シーズンの成績
.314 5本 42打点 63三振 52四球 9盗塁 出塁率.403 長打率.416 OPS.819

①超人

コンタクト率が高く日本離れの打球速度を誇るバッティング、年間20個は期待できる盗塁技術、「レーザービーム」とも評される肩の強さを生かした守備。「超人」とも評される高い身体能力を生かしたプレーが特長の選手です。

フィジカル型にありがちな規格外なプレーもありながらもきっちり四球を選んだりボールカウントに合わせたバッティングが出来る等、クレバーなプレーも出来る選手です。

特に年間を通しての出塁率の高さは心強い限りで最高出塁率のタイトルを過去3度受賞しています。前述した特長も合わせて1番や3番など上位打線を任されることが多く、切り込み役からチャンスメーカーなど幅広い役割をこなすことが出来る選手です。

 

②怪我しがち

反面近年では加齢や蓄積疲労による怪我が多発しており、シーズンを通しての活躍が出来なくなっています。阪神加入後の3シーズンはいずれも長期離脱を強いられています。怪我の箇所も脇腹、肩、足首など複数個所なのも気になる所です。

また時折集中力を欠ける場面があり、走塁や守備ミスも散見されます。

打撃もパワーがあって打球も速いですが、打球角度が上がりにくく年間20本を越えたシーズンはありません。典型的な中距離バッターです。

 

③シーズン通しての活躍を

今シーズンは移籍後初の「シーズンを通しての活躍」が期待されます。出場すれば安定した結果を残せる選手なのでいかに無理なく&無茶させずに起用できるかが肝になりそうです。

打順は1番で出塁と走塁を重視した役割を与えられそうです。

 

怪我も治り圧倒的な身体能力を見せつける「超人」っぷりを今年も見せつけてくれそうです。

 

では