きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

セルヒオ・ラモス~勝者のメンタリティー~【特集】

今回はレアル・マドリード所属のセルヒオ・ラモス選手について書いていきたいと思います。

 

f:id:kichitan:20200524111047j:plain

Getty Images

①理想的なセンターバック

当たり負けしないフィジカルと鋭い読みを生かしたスライディング、走り負けないスピードなど高い身体能力を持ち、卓越した足技でマークを外し鋭いロングパスを通す技術、時にはドリブルで攻め上がり戦局を変えセットプレーでは幾度となくチームを救うゴールを挙げる得点力と戦術眼。

セルヒオ・ラモス選手は高い身体能力をもちながら技術、戦術面に優れた現代サッカーにおいて「理想的なセンターバック」と評されている選手の一人です。

セビージャ、レアル・マドリード加入時ごろは攻撃的なサイドバックであり高い攻撃力と機動力はそこで大いに磨かれたと思われます。

 

②カードコレクター

半面世界有数の「カードコレクター」として有名です。公式戦通算26回の退場は5大リーグ最多、先日のマンチェスターシティ戦で退場したことによりチャンピオンズリーグでも最多タイの記録を持っています。カッとしやすいタイプなので若い時は相手の挑発に乗ってしまうことも多かったですが、年齢を重ねた際は落ち着きが出てきて「戦略的な」ファウルを犯すことも多くなりました。

しかしダーティーなイメージは覆ることはなく、退場や悪質なタックルを起こすごとに議論が巻き起こります。ただ本人は意にも介してないようですが。

ちなみにスペイン代表では一度も退場したことがないです。

 

③勝者のメンタリティー

「世界一難しいポジションの一つ」。レアル・マドリードセンターバックはそう呼ばれています。その為サムエルやカンナバーロ等、重圧で実力を発揮できないパターンが少なくありません。その中で15年以上レギュラーを張っているのは実力はもちろんのこと強靭なメンタリティーを持ち合わせていると言えます。

4度のチャンピオンズリーグ優勝、ワールドカップ制覇による絶対的な自信と「勝者のメンタリティー」を得たのも大きいかと思います。その為チームリーダーとして絶大な存在感を示しておりチーム編成にも影響を及ぼす程にもなっています。

 

30代中盤にさしかかってなお守備の中心として輝き続けるセルヒオ・ラモス選手。今後もそのプレーを追い続けたいと思います。

 

では

 

【豪華おまけ付き】 20/21 レアル・マドリード ホーム(白) #4 SERGIO RAMOS セルヒオ・ラモス adidas【メール便送料無料】

 

【EURO2020モデル】 2020 スペイン代表 ホーム(赤) #15 RAMOS セルヒオ・ラモス adidas