きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

アベンジャーズ~ヒーロー大集合~【マーベル】

※ネタばれ有


今回はMCU第6作目となる「アベンジャーズ」について書いていきたいと思います。

 

f:id:kichitan:20200429165845j:plain

出典:シネマトゥデイ

①ヒーロー大集合

ついにやってきましたアベンジャーズ。1作目から存在が示唆されていましたが満を持して登場しました。

S.H.I.E.L.D.長官のニック・フューリーがアイアンマン、キャプテン・アメリカマイティ・ソー、ハルクを元々いたブラック・ウィドウ、ホークアイと合わせたヒーローチーム。正に「ドリームチーム」です。

特に後半、敵に囲まれながらも背中合わせで対峙するヒーロー達の姿には鳥肌が立ちました。待った甲斐がありました。

ちなみにスタン・リーさんはニューヨークのニュース映像に出ています。

 

②烏合の衆

集まったばかりのアベンジャーズは所謂「烏合の衆」でチームワークの欠片もありませんでした。特にトニーとスティーブの相性は最悪で、後々の話を示唆するような関係でした。

しかしヒーロー達を繋ぐ「潤滑油」の働きをしていたコールソンの死で急速にまとまります。共に苦言を呈しながら息のあう働きを見せるトニーとスティーブの姿は感動しました。そしてこの頃からバナー(ハルク)とナターシャ(ブラック・ウィドウ)の距離が縮まっていきます。

 

③宇宙の脅威

ヒーロー達の活躍、そしてアイアンマンの決死の飛行で地球は救われましたがニューヨークは壊滅的な打撃を受け、トニーは命を落としかけます。この出来事が「宇宙の脅威」をアベンジャーズ全員が感じることとなり、トニーが起こす後の行動に繋がっていきます。

エンドクレジットでは大ボス「サノス」が初登場します。そして疲れ果てたアベンジャーズが黙々とご飯を食べるシーンが、、、。

 

では