きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

アルゼンチンvsメキシコ~無から有を作る絶対的な「個」~【サッカー】

初戦に衝撃的なジャイアントキリングを起こされ敗北したアルゼンチン代表。難敵メキシコ代表にどのような戦い方を行えるか注目です。

 

ということで先日行われたカタールW杯グループC2節アルゼンチンvsメキシコの感想です。

Getty Images

過去記事はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

両チームのスタメン&結果

 

前半

アルゼンチンは守備時にメッシを残した4-4-2、対するメキシコは5-3-2からのカウンターを狙っていました。

試合はアルゼンチンがボールが保持するもメキシコの強度の高いプレスに苦戦。ベガ、ロサーノを生かしたカウンターを次々と繰り出されてしまいます。それでもプレスバックが早いので致命傷には至らずアルゼンチンが盛り返すと、中盤はつぶし合いの様相に。

それでもアルゼンチンはギドを降ろし3バックにしてプレスを掻い潜ろうとしますがセンターバックとの距離が近すぎて上手くギャップを作れず、メッシ、ディ・マリアがボールを受けに下がってくるなど攻撃陣は沈黙し、スコアレスで前半を終えます。

kichitan.hatenablog.com

 

後半

後半もお互いプレスで中盤を潰し合う状況が続きますがアルゼンチンはギドに代えてエンソを投入。より高い位置でゲームでのコントロールを試みます。するとメッシ、ディ・マリアが比較的高い位置でボールを持てるようになると、ペナルティエリア手前でボールを受けたメッシが左足を一閃これ以上ないコースを突くゴールで先制点を挙げるとさらに攻勢を強めていきます。

メキシコはその後ヒメネス、アントゥナを投入し4バックで攻勢をかけるもアルゼンチンはロメロ、パラシオスを投入し5バックに変更。中々ゴールを挙げることが出来ないでいると、後半終了間際にエンソに技ありのゴールを決められそのまま試合終了。

アルゼンチンが背水の陣を制しグループリーグ初勝利を挙げました。

 

総評

アルゼンチンにとっては勝利が絶対欲しい場面で、焦りもあったのか前半に放ったシュートは僅か1本と完全にメキシコに封殺される事となりました。特にビルドアップに苦しみ3センター化するも距離感が悪くサイドバックへのパスコースが遠すぎ、中央を使いたくても下りてくるのは前線で使いたいディ・マリア、メッシとすっかり悪循環に。後半エンソを投入し中央へのパスコースは確保されたものの得点の匂いはあまり感じませんでした。

しかしアルゼンチンには無から有を作る絶対的な「個」がありました。リオネル・メッシ、稀代の名手は誰にもコースが見えていないようなシュートをゴールに突き刺し先制点を奪うと、追加点でも起点になる等一人で流れを全て持って行ってしまいました。

kichitan.hatenablog.com

 

それでも前半ボールを全くと言っていい程前に運べなかったのは事実で、3戦目までに出来るだけ修正していきたい所です。

一方メキシコは守備に置いてはメッシに文字通り「破壊」されるまでは完璧とも言える程機能していたものの、攻撃においては起点を作れずショートカウンターに頼らざるを得ない等苦しみました。起点となれるヒメネスを投入するもアルゼンチンに逆に5バックで守り切られてしまい敗戦。勝ち点1で最終戦サウジアラビア戦に向かうこととなりました。カギとなるのはやはり崩しの切り札ロサーノとベガ、両ウイングがいかに相手守備を突破出来るかが勝負になってくるでしょう。

 

何とか勝ち星を挙げたアルゼンチン。それでも自力のグループリーグ突破には勝利が不可欠な為、課題を修正して臨んでいきたい所です。

 

では

 

アディダス(adidas) サッカー アルゼンチン代表 ホームレプリカユニフォーム SE257-HF2158 (メンズ)

 

adidas/アディダス サッカー/フットサル レプリカユニフォーム [dsz93 メキシコ代表_ホーム_レプリカ_ユニフォーム_半袖] 半袖_Vネック/2018SS 【ネコポス対応】