きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

ジュディス・ランスター~映画界のトップ女優~【軌跡シリーズ】

※ネタばれ有


今回は軌跡シリーズの主要キャラである「ジュディス・ランスター」について書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20220326142834p:plain

Falcom

①映画界のトップ女優

カルバード共和国での導力映画界におけるトップ女優で、ピンクがかった長い金髪が特徴的な人物です。女優としては非常にプロ意識が高く演技に関しては一切妥協が無いですが、作品の完成度を高めるために露出が多く過激なシーンも躊躇なく演じる為、事務所からはあまりいい顔はされていません。ただ普段は面倒見が良く義理堅い面がある常識人で、嫌味は全くと言っていい程ありません。

しかしどこかが抜けており、早合点をしてポンを連発し醜態を晒す等、その華やかな見た目と反して作中ではギャグキャラとしての要素がかなり多く、今作の「デュバリィ」枠と言ってもいいでしょう。(何かと不憫な所も共通点です。)

kichitan.hatenablog.com

 

仲間からも「ロマンが壊れた」「中身が残念すぎる」「黙っていればいい女」等散々な評価を受けています。

 

②女優業と怪盗業

しかしその裏の顔はカルバード共和国の義賊である怪盗グリムキャッツであり、第二章序盤にCIDの委託依頼を受けたヴァン達と遭遇し、早とちりで戦闘することになります。

ただその1戦でヴァンにその正体を見破られており、その後の舞台挨拶での遭遇もあり警戒するようになりますが、第三章ではサルバッド映画祭にテロの予告状が届いた事でニナと一緒にヴァンに共同依頼をすることに。恒例の早とちりを経て本格的に共闘することになります。

kichitan.hatenablog.com

 

その後マクシムとの間にスキャンダル騒動が起き、ほとぼりが冷めるまで温泉地「龍來」に避難。再びヴァン達に遭遇しユメと親交を深めたことやクレイユ村の悲劇を目の当たりにし、パーティーインすることになります。

アルマータではアリオッチとの因縁が強く、最後は自身の映画を見た彼を一人のファンとして見送ることとなります。

事件後は故郷に帰っている姿を確認できますがセカンドハウスは借りているらしく、ヴァン達との関係は今後も続きそうです。

 

③強力な万能アタッカー

戦闘では連接刃である「流星鞭(ステラビュート)」を使用し、近~中距離とレンジが広いのが特徴的です。しかも攻撃力が高く魔法攻撃もそれなりに高い万能アタッカーで、「グリムキャッツ」で変身することで魔法ダメージが追加されるのでかなりのダメージ源となってくれます。

クラフトも幻惑&強化消去という唯一無比な効果を持つ「トワイライトキス」、そしてHP吸収&セピア入手の効果がある「ワイルドスナッチ」、状態異常の耐性を低下させる「クリミナルビュート」と強力かつ効果が珍しいものを持っており、畳み込む攻撃をしたい際や状況を変えたい際に大きく活躍してくれるでしょう。

 

数少ない不憫キャラでもありますので、「Ⅱ」でも登場し活躍してくれるのを楽しみにしています。

 

では

 

【中古】英雄伝説 黎の軌跡ソフト:プレイステーション4ソフト/ロールプレイング・ゲーム

 

英雄伝説 黎の軌跡 公式ビジュアルコレクション [ 電撃ゲーム書籍編集部 ]