きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

2021~2022シーズン 前半戦振り返りと冬の移籍情報 バルセロナ~離脱者続出と指揮官のディティールの甘さ~【サッカー】

今回は主要欧州リーグの2021~2022シーズン、前半戦振り返りと冬の移籍情報について書いていきたいと思います。


11回目は「バルセロナ」です。

f:id:kichitan:20211229133147j:plain

Getty Images

関連記事はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

 

基本フォーメーション

f:id:kichitan:20211229134144p:plain

 

①指揮官の交代

昨シーズンオフにメッシが退団し巨額の負債にも悩まされていたバルセロナですが、クーマン監督はその逆風を跳ね返すことが出来ず敢え無く解任。怪我人の多さは確かにありましたが余りにも内容が酷く(チームのアイデンティティを揺るがすロングボール戦術もありました。)、更に指揮官は選手達をも攻撃。ラージョ戦での敗北で敢え無く解任となりました。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

その後任となったのはクラブの「レジェンド」シャビ監督。まだ経験値は少ないものの就任のタイミングも的確で(チームがどん底の状態で就任&将来が楽しみな選手が多い)、チーム再建を担うには打ってつけの人選となりました。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

②離脱者続出と指揮官のディティールの甘さ

しかし現状のバルセロナも7位と波に乗り切れておらず、チャンピオンズリーグではグループリーグ敗退を喫しました。

kichitan.hatenablog.com

 

その原因は離脱者続出と指揮官のディティールの甘さです。元々就任時も怪我人の多さが問題になっていましたが、更に攻撃の中心であったデパイが離脱、そしてアグエロ不整脈で引退と悲報が続き、センターフォワードカンテラからジュグラを昇格する他ありませんでした。そんな中でもニコ・ゴンザレス、ガビ、アブデ等カンテラーノの活躍もありましたが決定力不足解消には至っておらずファティ、ペドリなど離脱している選手の復帰が待たれます。

kichitan.hatenablog.com

 

また指揮官も戦略は植え付けるもディティールに欠け、ビルドアップ時でのポジショニング、そしてセンタハーフの人選の適材適所に問題を抱えており、攻守共に連動性を欠いています。特にサイドバックのアラウホはサイドに張ることで選択肢が少なくなりボールを失うシーンを連発、そしてアルバは持ち前の攻撃参加の頻度が減少する等サイド攻撃に歪が生まれ、さらにそんな中でも幅広いプレー選択肢で決定機を作り続けたメンフィスが怪我で離脱、深刻な決定機不足に陥っています。また守備でも前線のプレスの連動性にはやや難があり、より精密なデザインが必要です。

確かに前監督のようなビジョンの無さは解消されましたが細部の甘さが目立ち、今後はその細かい所の修正をどう行うかに注目されます。アルテタ監督(アーセナル)のようにトライ&エラーを繰り返しながらも最適解を出せるのか、ピルロ監督(元ユベントス)のように理論が先立ちすぎてマネジメントに失敗するのか、残り半シーズンはいかに希望を見いだせるサッカーを行えるのかがシャビ監督の課題であると思います。

 

③彼は救世主なのか

そんな中冬の移籍市場に先立ってフェラン・トーレスマンチェスターシティを獲得。移籍金は5500万€+1000万€のボーナスとなっています。ただ現在支払いに追われている状況のバルセロナは移籍金の捻出を行う必要があり、指揮官と衝突したと言われているデスト、そして高額の移籍金が期待出来るフレンキー・デ・ヨング、そして「いつもの」ウンティティ、コウチーニョ、デンべレの売却が囁かれています。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

正直後ろ3人に関してはある程度のオファーがあれば手放すべきであるとは思いますが市場価値がかなり下落しており、買い手が見つからないのが現状です。そんな中現実味を帯びているのはフレンキー・デ・ヨングの売却で、個人的には絶対反対ですが(様々なポジションをハイレベルにプレー出来、将来的に核になり得る選手であると思っています。)、まとまった移籍金も期待出来るので致し方無い部分はあると思います。

kichitan.hatenablog.com

 

ただ代わりに獲得したフェラン・トーレスが「救世主」になるというのは余りにも楽観的です。前所属のシティでは絶対的な存在ではなく、フォワードとしてプレーしたのも最近です。また現在も離脱中でコンディションにも不安があります。そのような選手に5500万€、、、買い物下手は変わらないですね。

kichitan.hatenablog.com

 

ただシャビ監督が制約が多くまだプレーが不完全なセンターフォワードでは無く、慣れ親しんだ右ウイングとして起用するならば即座にブレイクする可能性は高いかと思います。

 

未だ暗闇でもがいているバルセロナ。果たして今シーズン中にシャビ監督は未来に希望を持てる戦いを行うことが出来るのでしょうか。

 

では

 

【1/1〜1/3限定 2点購入でP5倍、3点以上でP10倍】 ナイキ サッカーウェア レプリカシャツ ジュニア FC バルセロナ 2021-22 スタジアム ホーム CV8222-428 NIKE

 

FCバルセロナ フットボールクラブ FC Barcelona オフィシャル商品 角型 クッション 【海外通販】