きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

2021~2022シーズン 前半戦振り返りと冬の移籍情報 リヴァプール~復活した「強度」とアフリカネーションズカップ~【サッカー】

今回は主要欧州リーグの2021~2022シーズン、前半戦振り返りと冬の移籍情報について書いていきたいと思います。


6回目は「 リヴァプール」です。

f:id:kichitan:20211221132117j:plain

Getty Images

関連記事はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

 

基本フォーメーション

f:id:kichitan:20211221132445p:plain

 

①復活した「強度」

昨シーズン特に守備陣の負傷が続き苦しい戦いを強いられたリヴァプールですが、今シーズン怪我人も戻り持ち前の「強度」が戻ってきた印象です。特にファン・ダイクとマティプセンターバックコンビのパフォーマンスは圧倒的で、守備は勿論のこと攻撃でも前者はロングフィード、後者はタイミングの良い攻め上がりでアーノルドの復調もあり、破壊的な攻撃力を演出しています。オフに獲得したコナテもここまでプレミアリーグ適応期ながら期待出来るパフォーマンスを披露。高いライン設定でカウンターの危険性が高いものの「らしさ」が完全に戻ったと言えます。

kichitan.hatenablog.com

 

そして中盤では躍進したエリオットが重傷を負うものの、チアゴ、ケイタ、チェンバレンがコンディション毎に起用され機能。今の所はチアゴのゲームメイクが際立っていますが、ケイタの推進力、チェンバレンのミドルも捨てがたく層は充実していると言えます。

 

②圧巻のパフォーマンスを見せた「エジプトの王」

そしてフィルミーノが怪我で離脱した「フロント3」には、ジョタが定着。そのサッカーIQの高さによるスペースメイクとポジショニングでフィルミーノとはまた違うゴールを演出しています。

kichitan.hatenablog.com

 

そして何といっても圧巻なのはサラーのパフォーマンス。今シーズンは「仕掛け」に磨きを掛け単独突破でゴールを陥れるシーンが増加。飛び出しの質の高さそのままにゴールを量産しここまでリーグ最多の15ゴールを奪取。公式戦10試合連続ゴールも記録する等今や「止められない」存在となっています。

kichitan.hatenablog.com

 

アフリカネーションズカップの存在

今の所冬の移籍市場での獲得の噂は無く、ナサニエル・フィリップス等出番の無い選手の放出に留まりそうです。ただそれ以上に大変なのは「アフリカネーションズカップの存在」です。1月に開催される予定(中止の可能性も高まっています。)の大会にはサラー、マネ、ケイタの出場が有力視されており、離脱による戦力低下が不安視されています。

特にサラー、マネの抜ける前線は頭痛の種で、代わりに入るオリギや南野のパフォーマンスがカギを握るでしょう。クラブもこの期間の為だけに選手を獲得するのも困難なので(初めからサブとして受け入れる選手が少ない為)、可能性のある若手選手を前倒しで獲得するに留まることが予想させ静かな冬となりそうです。

kichitan.hatenablog.com

 

確かな強さを取り戻すも、これからの2か月間が大きくシーズンを左右されそうなリヴァプール。この時期をどう乗り切っていくのか注目です。

 

では

 

リバプール オフィシャル キーホルダー LB【サッカー サポーター グッズ】【店頭受取対応商品】

 

リバプール FC スタジアム エア マックス メンズ サッカーユニフォームアパレル メンズ スポーツ サッカー フットボール トップス 半袖Tシャツ サステナブル