きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

レスターvsアーセナル~勢いと脆さを感じた試合~【サッカー】

波に乗りかけている両チーム。この試合にも勝利して更に勢いを付けたい所です。

 

ということで先日行われたレスターvsアーセナルの感想です。

f:id:kichitan:20211031133912j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20211031134939p:plain

 

前半

レスターは守備5-2-1-2の3-5-2、アーセナルは守備時にボランチのパスコースを切る4-4-2の4-2-3-1を採用していました。

試合はいきなり動きます。コーナーキックからマガリャンイスがバックヘッドで決め、アーセナルが早々に先制点を挙げます。さらにアーセナルは動揺が見えパスミスをするるレスターに襲い掛かりチャンスを作っていくと、サカが3バックの脇を突いた突破からのこぼれ球からスミス・ロウがシュートを決め2点目を挙げます。

kichitan.hatenablog.com

 

追いつきたいレスターですがビルドアップ時にサイドバックが高く張り過ぎており、ブロックを組むアーセナルを効果的に崩せません。また前半終了直前に放ったマディソンの素晴らしいフリーキックも、ラムズデールの奇跡的なセービングで抑え前半を終えます。

 

後半

後半にレスターはバーンズとルックマンを同時投入、布陣を4-2-3-1に代えて攻勢に出ます。しかし4バックでビルドアップすることになりアーセナルの守備に嵌ることになり、個の剥がしに依存することになります。ただバーンズの飛び出しやカットインでチャンスを作っています。

後半押し込まれがちで流れを変えたいアーセナルは攻守のつなぎ役であったラカゼットをウーデゴールに交代しますが、懸念であったロコンガの守備の軽さが露呈。ラムズデールや守備陣の寸前の踏ん張りで何とか抑えていきますが、ペペを投入された後は更に不安定に。ただ最後はコラシナツを投入し何とか締め、試合終了。アーセナルがアウェーで貴重な勝ち点3を獲得することが出来ました。

 

総評

レスターは最初の失点が全てであったと思います。その後アーセナルの出来が良かったのもありますが、前半はビルドアップが詰まり攻めあぐね、後半はアーセナルの自滅もありチャンスをより作れたもののラムズデールや守備陣の奮闘の前に屈した形となりました。しかし同点、逆転のチャンスは十分にあり、フォファナやリカルド・ペレイラが抜けている守備陣でむしろ良く戦っている印象があります。

一方アーセナルは前半は良かったと思います。早々と先制点を取り、追加点も早い時間で取るなど理想的な展開に。しかし後半は守らなければならない場面で守備で問題を抱えるロコンガを残しラカゼットを交代。さらに流れが悪い場面で同じく守備に難のあるペペを投入と悪手を繰り返していました。ここは素直に守備強度の高いエルネニーやマルティネッリを投入すればスムーズに試合をクローズ出来たと思います。

 

この試合で輝いたのはすっかり正GKの風格が出ているラムズデール。その能力もさることながらチームのモチベーションを上げるそのコーチングは素晴らしく、非常に好感が持てる選手です。またやや大人しめな選手が多いアーセナルで彼のような熱血漢がいれくれるとバランス的にも最適です。

 

両チームの勢いと脆さを感じた試合でした。今後も継続、修正の見極めを間違えないようにして戦って欲しい所です。

 

では

 

【予約ECM32】【国内未発売】レスターシティ GK用 オレンジ 半袖 1番 シュマイケル【サッカー/19-20/プレミアリーグ/ユニフォーム/Leicester City】0825

 

アディダス(adidas) アーセナル 21/22 アウェイ ユニフォーム IDE53-GM0218 (メンズ)