きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

リヴァプールvsレアルマドリード~慣れない役割を見事果たす~【サッカー】

リヴァプールは勝利には2点が必要で、怒涛の攻めが展開されそうです。

 

ということで先日行われたCL準々決勝2ndレグ、リヴァプールvsレアルマドリードの感想です。

f:id:kichitan:20210415112126p:plain

Getty Images

1stレグの感想はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

 

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20210415112222p:plain



①猛攻を耐える

リヴァプールは通常通りの4-3-3で、マドリーはバスケスが怪我をした右サイドにバルベルデを起用してきました。

試合はリヴァプールが開始から一気にギアを上げマドリーゴールに襲い掛かります。特に慣れない右サイドバックに起用されたバルベルデが狙われ続け、マネに再三突破を許すなど決定機を作っていきます。

しかし惜しくも得点にならず、右サイドもアセンシオのプレスバックの早さもありバルベルデが落ち着くを取り戻すとマドリーも徐々に押し返しを見せます。リヴァプールも止めの得点を許したくないのかサイドバックの攻め上がりをやや自重させ、両ウイングが打開を試みる攻めを展開。しかしメンディ、慣れてきて適応したバルベルデの対人の強さが際立ち前半をスコアレスドローで終えます。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

②リードを守り切る

後半リヴァプールはワイナルドゥム、ミルナーの位置を変えてアーノルドのポジションを上げると再び攻勢に出ます。しかしそこに立ち塞がったのはナチョ、ミリトンのセンターバックコンビで決定機の芽を摘み取っていきます。

得点が遠いリヴァプールはチアゴ、ジョタを同時投入しますが、マドリー守備陣を崩すことは出来ません。マドリーもオドリオソラ、ロドリゴを投入し陣容をフレッシュ交代させ対応し、最後までゴールを割らせることはありませんでした。

試合はスコアレスドロー、ホームでのリードを守り切ったマドリーが準決勝進出を果たすこととなりました。

 

③慣れない役割を見事果たす

リヴァプールは終始攻勢に出ていましたが終ぞ得点を奪うことは出来ませんでした。

マドリーの守備陣の奮闘はあったものの、やはり後半途中から右サイドの幅取りがまちまちで、危険な場面を作り出す頻度が時間が進むにつれて減っていました。的確な指示が出来るヘンダーソン不在が大きかったと思われる試合でした。

一方マドリーは理想的な試合運びが出来たと言えます。この日慣れない役割を与えられたバルベルデは開始直後は不安定さはあったものの徐々に持ち味を発揮、ビッグゲームで慣れない役割を見事果たした彼の貢献は図り切れないものがあります。

またセンターバックコンビも気持ちが入った安定感のある守備を披露。レギュラーセンターバックコンビ不在の穴を感じない活躍を見せました。

 

試合巧者ぶりを見せつけたマドリー、準決勝の戦いも注目です。

 

では

 

リバプール フットボールクラブ Liverpool FC オフィシャル商品 ナップサック ジムバッグ 【楽天海外直送】

 

レアルマドリード オフィシャル フリースブランケット FD【サッカー サポーター グッズ】【スポーツ ホビー】【店頭受取対応商品】