きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

エアリス・ゲインズブール(REMAKE)~変わらない印象~【FF】

※ネタばれ有

今回はFF7 REMAKEのエアリス・ゲインズブールについて書いていきます。

 

f:id:kichitan:20200522104251j:plain

出典:AppMedia

①変わらない印象

無印そのままの印象があり、そこをきっちり掘り下げた感じがあります。しかしやや暴走気味な無印に比べて、仲間を頼り分かち合う意識は高い印象はあります。 

kichitan.hatenablog.com

今作ではクラウドにアピールしているように見えるが実はザックスを見ている描写、無印には無かった「フューリー」の存在が彼女の心情や事情を掘り下げる要因になっています。クラウドはすっかり騙されて?ますが。

個人的にはウォールマーケットでのドレスアップのイベントが非常にインパクトがありました。勿論赤いドレスです。

「なんか、あちこち盛られて、不愉快。」

 

②完全な魔法アタッカー

今作は無印版と違い、完全な遠距離魔法アタッカーとなっており他キャラクターとの差別化が図られています。その為「陣を敷き敵を待ち構える」というバレットとも違う立ち回りが必要があり、慣れないうちは操作に癖があり難しく感じます。

しかし使いこなせると魔法の威力の高さも相まってバンバン敵を落としてくれます。

また「聖なる魔法陣」で魔法を連発、「光の盾」で待ち伏せをしたり、「ジャッジメントレイ」で遠距離砲をぶっ放したりするなど、戦略の幅を広げるアビリティを多数持っているので組み合わせ次第では一気に戦局を有利に進めることが出来ます。

特にボス戦では彼女の使い方がカギになっており「ヘルハウス」「ハンドレッドガンナー」は彼女のお陰で相当楽になりました。

武器はマテリア穴とアビリティを重視していたのであまり偏りはありませんでした。

  

③異なる結末

今作のエンディングで「運命」との決別を果たした為、無印とは異なる結末が待っているのではないかという予想があります。その為「エアリス生存説」がまことしやかに囁かれていますが十分にあるとは思います。フューリーの存在意義を持たせる意味でもあり得るとは考えられます。

しかし空を嫌がるエアリスのセリフを見て「運命は変えられない」と感じてしまう部分はあるのは確かで気になる所ではあります。ザックスとはすれ違いになりそうです。

 

次回作はデートイベントまであるのでしょうか。楽しみです。

 

では

 

ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4

ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4

  • 発売日: 2020/04/10
  • メディア: Video Game