きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

日本VS香港~評価するのが難しい~【サッカー】

先日行われた日本VS香港の感想です。

連勝で勢いをつけたい日本と負けられない香港の試合です。この試合はスタメンを大幅に変えてきました。

 

日本のスタメン
GK:大迫
DF:古賀、田中駿、渡辺
MF:相馬、大島、田中碧、菅
FW:仲川、小川、田川

 

日本 5-0 香港

菅(前8)田川(前14)小川(前26)(前45)(後13)

 

感想

正直かなり楽な試合でした。まず香港が日本に対しての対策を徹底してこなかったのがあると思います。全体的にプレスが緩くビルドアップが容易になり、縦パスも面白いように入りました。特に前線の守備が混沌としていてとりあえずボールに向かっている感じでした。おそらく低い位置からのロングカウンターを狙っていたのでしょうがその起点となるボールの精度に難があったのでまともに攻撃できない状態になってしまいました。対する日本は全体的に押し込む展開になりましたが、やや前掛かりになり過ぎていたかなと思います。前線に人はいますがディフェンスを吊りだす動きが少なく(特に右サイド)攻撃陣が渋滞している感じがしました。対して左サイドはバランス良くピッチを使えていたと思います。個々では両サイドバックの相馬選手のクロスの質の高さ、菅選手の攻守の切り替えの早さが素晴らしかったと思います、ハットトリックの小川選手は気持ちが乗れればいいですね。

 

総評

相手のレベルに難があった為あまり収穫はなかった試合になってしまいました。ただ次の韓国戦は間違いなく強度とスピードが違うと思いますのでしっかりと準備をしないと勝てないです。戦術に疎いと言われている森保ジャパンがどういう戦いをするかを楽しみにしています。

 

では