きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

アトレティコマドリードvsリヴァプール~大きな課題を露呈しながらも熱い戦いを繰り広げる~【サッカー】

共に情熱的な指揮官に率いられたチーム。熱い戦いを期待しています。

 

ということで先日行われたアトレティコマドリードvsリヴァプールの感想です。

f:id:kichitan:20211020113915j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20211020131145p:plain

 

前半

アトレティコは守備5-3-2の3-5-2を採用、リヴァプールは4-3-3を採用していました。

試合はロングボールを絡めながら揺さぶりをかけるリヴァプールがボールを保持します。するとサイドで1対1になったサラーが中央に切り込んだシュートがリフレクションしてそのままゴールイン。リヴァプールが先制点を果たします。さらに中途半端なクリアボールをナビ・ケイタがダイレクトボレーで叩き込み早々に追加点を挙げます。

しかしそこからアトレティコの反撃が始まります。前線のプレスを強め高い位置でボールを奪い始めると、ルマールの折り返しからのコケのシュートをグリーズマンがコースを変え1点を返すと、フェリックスの突破からのパスをグリーズマンが流し込み同点。一気に同点に追いつきます。

アトレティコは左と中央部、リヴァプールは右とサイドの強みと弱点が共に露呈した前半でした。

 

後半

後半アトレティコヒメネスリヴァプールファビーニョを投入し両指揮官が修正を施しましたがグリーズマンが危険に足を挙げたとして退場、一人少ない状態になります。またアトレティコはハイプレスに苦しみボールを前に運べずにいますが、リヴァプールも縦に急ぎ過ぎて効果的な攻撃が出来ません。

しかしざっくりとしたロングボールに反応したジョタがエルモソに倒されPKを獲得。サラーが決め勝ち越しに成功すると、アトレティコは執念の4枚替えを敢行し4-4-1に変更し流れを変えようとします。するとヒメネスが倒されたとしてPKが判断されますがVARチェックで無効。試合はそのまま終了しリヴァプールがグループリーグ3連勝を果たしました。

 

総評

アトレティコは前の守備が構え過ぎてロングボールを幾度となく通され左のカラスコはサラーに完敗、エルモソは対人の弱さ、そしてコンドグビアはカバーリングの拙さを見せる等ファーストプランが嵌らなかった事での2失点が余りにも痛すぎたと思います。

その後きっちり修正し同点に持ち込むもグリーズマンのやや不運な退場、そして痛恨のPK献上と試合を通して後手後手に回ってしまった印象が強いです。

kichitan.hatenablog.com

 

対するリヴァプールも2点リード後、得点を奪った右サイドのケイタ、アーノルドの守備の軽さを逆に狙われました。前半途中でミルナーを右に配置し後半からはファビーニョを投入し修正したものの、相手の退場で攻撃を急ぎ過ぎる部分があったりと課題も残しました。特にカーティス・ジョーンズが抜けた中盤はケイタ、チェンバレン共にトップレベルで戦うのが厳しい状況です。チアゴも怪我がちなので何とかミルナーで凌いでいきたい所です。

kichitan.hatenablog.com

 

共に大きな課題を露呈しながらも熱い戦いを繰り広げた両チーム。今後の戦いも楽しみです。

 

では

 

ジョアン・フェリックス 7番 アトレティコ・マドリード ユニフォーム ホーム 20/21 NIKE ナイキ 正規品 即発送対応商品

 

【SALE20%OFF】【LIV01】A13651【国内未発売】リバプール 公式グッズ YNWA バックパック ブラック【プレミアリーグ/Liverpool/リヴァプール/サッカー/リュック】